新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボットが動く仕組みがわかる——「ロボットを動かそう!mBotでおもしろプログラミング」発刊

リックテレコムは、「ロボットを動かそう!mBotでおもしろプログラミング」を発刊した。

本書では、ロボットキット「mBot」の動作を通じ、プログラミングやArduinoの制御が学べる。 2020年に予定されている、小学校でのプログラミング教育必修化に向け、プログラミングや電気の基礎、ロボットの動作する仕組みを楽しみながら体験/学習することが狙いだ。

mBotはMakeblockが開発した、Arduinoベースの車型ロボットキットだ。 Scratch 2.0をベースにした、ブロック型プログラミング言語「mBlock」を用いており、ブロックを繋ぎ合わせる要領で直感的にプログラミングできる。

同書は、全8章からなり、mBotの組み立てやmBlock/Arduinoドライバーのインストール、LEDランプ点灯や圧電サウンダからの音声出力、超音波センサーによる障害物回避、ライントレースによるコース走行などの実装を通じて学習する。

変数を利用したプログラム変更/制御や、mBlock内のキャラクター(スプライト)との会話、さまざまなセンサーの使い方(例:mBotの光センサーで背景を変える)なども学べる。

また、付録ではオリジナルスプライトの作成や電子オルガンの作り方、Bluetoothでの接続方法なども扱う。

フォローサイトも用意されており、スプライトとして使用可能なイラストや、章末課題(パンダ先生からのお題)の答えとなるサンプルコードをダウンロード可能だ。

著者は石井モルナ氏、判型はB5判、ページ数は256ページ。価格は2200円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る