新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」

Picosoftは、ORANGE BASICでプログラミングできる小型マイコンORANGE picoシリーズの新機種「Orangino(オレンジーノ)」を発表した。

Oranginoは、ArduinoフォームファクターとなったORANGE picoだ。Arduino UNO用のケースが使えるうえ、ナダ電子製プリンターシールド「AS-289R2」Groveシステム用ベースシールドに対応した。

photo AS-289R2
photo Groveベースシールド

AS-289R2については、ORANGE BASICからlpt/lprint/llist/copyの各ステートメントが利用できる。Groveベースシールドでは、デジタル入出力、AD変換、PWM制御、UART通信、I2C通信などが利用できる。

photo 専用ケーブルによるモニター接続例
photo キーボード接続例

Oranginoは、専用USB端子用ビデオケーブル(別売)を利用してテレビに接続する。他のORANGE picoシリーズ同様、USB・PS/2接続可能なキーボードが使用可能だ。今回新たにゲームポートを標準装備し、任天堂のWiiコントローラー(ヌンチャク)や、ファミコンタイプのコントローラーを接続できるようになった。

また、CPUをPIC32MX250F128BまたはPIC32MX270F256Bに換装することでchipKIT互換になり、Arduino IDEからスケッチを書き込めるようになる。なお、chipKIT互換化の詳細は今後公開予定とのことだ。

Oranginoの発売は4月下旬を予定している。価格は、組立てキットが1850円、完成品が2750円。オプションのAVケーブルが352円、Wiichuckアダプターが200円などとなっている。(価格は全て税抜)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る