新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」

Picosoftは、ORANGE BASICでプログラミングできる小型マイコンORANGE picoシリーズの新機種「Orangino(オレンジーノ)」を発表した。

Oranginoは、ArduinoフォームファクターとなったORANGE picoだ。Arduino UNO用のケースが使えるうえ、ナダ電子製プリンターシールド「AS-289R2」Groveシステム用ベースシールドに対応した。

photo AS-289R2
photo Groveベースシールド

AS-289R2については、ORANGE BASICからlpt/lprint/llist/copyの各ステートメントが利用できる。Groveベースシールドでは、デジタル入出力、AD変換、PWM制御、UART通信、I2C通信などが利用できる。

photo 専用ケーブルによるモニター接続例
photo キーボード接続例

Oranginoは、専用USB端子用ビデオケーブル(別売)を利用してテレビに接続する。他のORANGE picoシリーズ同様、USB・PS/2接続可能なキーボードが使用可能だ。今回新たにゲームポートを標準装備し、任天堂のWiiコントローラー(ヌンチャク)や、ファミコンタイプのコントローラーを接続できるようになった。

また、CPUをPIC32MX250F128BまたはPIC32MX270F256Bに換装することでchipKIT互換になり、Arduino IDEからスケッチを書き込めるようになる。なお、chipKIT互換化の詳細は今後公開予定とのことだ。

Oranginoの発売は4月下旬を予定している。価格は、組立てキットが1850円、完成品が2750円。オプションのAVケーブルが352円、Wiichuckアダプターが200円などとなっている。(価格は全て税抜)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る