新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」

Picosoftは、ORANGE BASICでプログラミングできる小型マイコンORANGE picoシリーズの新機種「Orangino(オレンジーノ)」を発表した。

Oranginoは、ArduinoフォームファクターとなったORANGE picoだ。Arduino UNO用のケースが使えるうえ、ナダ電子製プリンターシールド「AS-289R2」Groveシステム用ベースシールドに対応した。

photo AS-289R2
photo Groveベースシールド

AS-289R2については、ORANGE BASICからlpt/lprint/llist/copyの各ステートメントが利用できる。Groveベースシールドでは、デジタル入出力、AD変換、PWM制御、UART通信、I2C通信などが利用できる。

photo 専用ケーブルによるモニター接続例
photo キーボード接続例

Oranginoは、専用USB端子用ビデオケーブル(別売)を利用してテレビに接続する。他のORANGE picoシリーズ同様、USB・PS/2接続可能なキーボードが使用可能だ。今回新たにゲームポートを標準装備し、任天堂のWiiコントローラー(ヌンチャク)や、ファミコンタイプのコントローラーを接続できるようになった。

また、CPUをPIC32MX250F128BまたはPIC32MX270F256Bに換装することでchipKIT互換になり、Arduino IDEからスケッチを書き込めるようになる。なお、chipKIT互換化の詳細は今後公開予定とのことだ。

Oranginoの発売は4月下旬を予定している。価格は、組立てキットが1850円、完成品が2750円。オプションのAVケーブルが352円、Wiichuckアダプターが200円などとなっている。(価格は全て税抜)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  2. 3Dプリンター/レーザー彫刻/CNC彫刻に対応可能な複合機「DOBOT Mooz」一般販売開始
  3. 3Dプリンターと光るフィラメントを使って暗闇合コンしてみた
  4. JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」
  5. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  6. 青色レーザーで高精細スキャニング——デスクトップ3Dスキャナーキット「WildCats 3D」
  7. レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」
  8. 乾電池だけでBLEビーコン——乾電池型IoTデバイス「MaBeee ビーコンモデル」
  9. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  10. Wi-Fi/Bluetooth通信モジュールや関連部品を同梱——CQ出版、オールインIoT学習ワークベンチ「PICoT」全部入り版を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る