新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サイの置物がハンマーになる——インテリアとしても飾れる工具「ライノハンマー」

部屋のインテリアとしても飾れるハンマー工具「ライノハンマー」が、Makuakeにて出資を募っている。

ライノハンマーは、工具とインテリアの要素を組み合わせたツールだ。見た目はサイの形をしたインテリアだが、サイの頭にあたるハンマーのヘッド部分を引き出し、グリップ部分を回して固定することでハンマーとして使用できる。

ハンドルやヘッド部分には錆びにくいアルミ合金、打面にステンレススチール、サイの角には柔らかいラバー素材を採用。ハンマーの柄にはカーボンスチール、グリップ部分にレザー(牛革)を用いている。

また、ハンマーの柄底には強力なマグネットを内蔵しており、非使用時には本体と固定できる仕組みだ。

既に海外では同製品を販売中だ。今回、Makuakeでのクラウドファンディングにおける日本国内でのキャンペーンにあたり、カラーリングにホワイトとシルバーの2タイプを用意している。

本体寸法は約155×40×85mm(使用時)、約120×40×85mm(収納時)。重量は約465gで、ペーパーウェイトとしても利用できる。

販売予定価格は7020円(税込)。Makuakeでは、30%オフとなる4910円(税込)で購入できるプランなどを用意している。目標額は30万円。製品出荷は10月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  2. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  6. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  7. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  8. 東北にMaker Faireがやってきた! 仙台に集まった個性豊かな東北Makerたち #SendaiMMF
  9. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)
  10. Windows 10 IoT CoreとRaspberry PiでIoTデバイスを作成——IoTデバイスプログラミング入門の第2版を刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る