新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サイの置物がハンマーになる——インテリアとしても飾れる工具「ライノハンマー」

部屋のインテリアとしても飾れるハンマー工具「ライノハンマー」が、Makuakeにて出資を募っている。

ライノハンマーは、工具とインテリアの要素を組み合わせたツールだ。見た目はサイの形をしたインテリアだが、サイの頭にあたるハンマーのヘッド部分を引き出し、グリップ部分を回して固定することでハンマーとして使用できる。

ハンドルやヘッド部分には錆びにくいアルミ合金、打面にステンレススチール、サイの角には柔らかいラバー素材を採用。ハンマーの柄にはカーボンスチール、グリップ部分にレザー(牛革)を用いている。

また、ハンマーの柄底には強力なマグネットを内蔵しており、非使用時には本体と固定できる仕組みだ。

既に海外では同製品を販売中だ。今回、Makuakeでのクラウドファンディングにおける日本国内でのキャンペーンにあたり、カラーリングにホワイトとシルバーの2タイプを用意している。

本体寸法は約155×40×85mm(使用時)、約120×40×85mm(収納時)。重量は約465gで、ペーパーウェイトとしても利用できる。

販売予定価格は7020円(税込)。Makuakeでは、30%オフとなる4910円(税込)で購入できるプランなどを用意している。目標額は30万円。製品出荷は10月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 液晶付きマイコン「M5Stack」 と Google Home で、子どもとメッセージがやりとりできるシステムを作ってみた
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  4. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  5. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  6. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」
  7. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  8. 8ツールタレットでスピーディーに加工——5軸ミルターンセンター「SwissMak」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. 二足歩行ロボットを作ろう——オーム社、「ROBO-ONEにチャレンジ! 二足歩行ロボット自作ガイド」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る