新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザーカットもワイヤーカットもできる——X-Yプロッタープラットフォーム「XY Multi Platform」

2D(X-Y)プロッタープラットフォーム「XY Multi Platform」がKickstarterで出資を募っている。

photo

XY Multi Platformは、ヘッドを付け替えることで、ワイヤーカッターやレーザーカッター、刻印加工などができるXYプロッタープラットフォームだ。

photo

制御部にはRAMPS(RepRap Arduino Mega Pololu Shield)とArduino互換機を使い、ファームウェアはMarlinをベースに2Dプロッター用に改造を加えている。サイズの異なる3モデルを用意し、スモールモデルのサイズは710×620×380mm、加工エリアは460×380mmで、最大加工厚みは110mm。ミディアムモデルのサイズは840×860×380mm、加工エリアは600×500mmで、最大加工厚みは110mm。ラージモデルのサイズは1400×1960×780mm、加工エリアは1000×1600mmで、最大加工厚みは380mmだ。

photo レーザーヘッド(左)とテンショナー部(右)

XY Multi Platformはフレームオンフレームのシンプルな構造だが、ワイヤーのテンションシステムに特徴がある。ワイヤーカット時でもワイヤーに負荷のかからないフォームなどの柔らかい素材用には、ワイヤーの取付け/取外しが簡単なスプリングテンショニングを使用し、アクリルなど硬い素材の切断用には、加工部位の近くでテンションをかけることができるワイヤーガイドを使用する。この場合、高温になった素材が外側に溶け出して固まり、立体的な造形を生み出すが、開発元はこれを「エンボス」加工と呼んでいる。

photo

デザインソフトとして、開発元が作成した2Dデザインツール「Bezier CAD/CAM」を用意する。3Dツールから平面データだけを取り出す必要もなく、ラインやペジェ曲線をベースにワイヤーパスをデザインし、G-codeで出力できる。

photo アクリルへの「エンボス」加工の例

XY Multi Platformは、1万ポンド(約144万円)を目標に7月23日までクラウドファンディングを実施。スモール/ミディアムモデルの価格は、499ポンド(約7万1900円)/699ポンド(約10万1000円)。出力3W 445nmのレーザーヘッドは100ポンド(約1万4400円)の追加が必要だ。9月の出荷を予定しており、日本への送料は50ポンド(約7200円)だ。なお、ラージモデルの日本への出荷は対応していない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る