新しいものづくりがわかるメディア

RSS


腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」

充電不要のキネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

SEQUENTは、スイスの時計づくりの伝統を受け継いだスマートウォッチだ。キネティック(自動巻き発電システム)を採用しており、本体を腕につけて動くことで発生する運動エネルギーを電気エネルギーに変換して電力を自給する。充電や電池交換の必要はない。

SEQUENT
SEQUENT

GPS、加速度計、心拍センサー、歩数計、通知機能を搭載しており、スマートフォンとはBluetooth経由で接続する。バイオフィードバックアプリで運動記録や心拍数測定ができる。

SEQUENTのサイズは46.8×42.5×14.8mm、かん幅は22mmだ。5気圧(50m)防水で、タイムゾーンは自動的に調整される。

SEQUENT
SEQUENT

BLACK、STEEL、KICKSTARTERの3つのエディションがあり、文字盤の色は、BLACKエディションが白と黒、STEELエディションが青と黒、KICKSTARTERエディションは緑のみだ。

SEQUENT
SEQUENT

SEQUENTの特別早期割引価格は、BLACKエディションが149スイスフラン(約1万8000円)、KICKSTARTERエディションが299スイスフラン(約3万5000円)。STEELエディションの特別早期割引価格適用分は既に受付終了しているが、早期割引価格239スイスフラン(約2万8000円)での入手が可能だ。出荷は2017年12月の予定で、いずれも日本への送料は19スイスフラン(約2200円)だ。

SEQUENTは2017年8月10日までクラウドファンディングを実施するが、7月7日時点で目標額8万スイスフラン(約940万円)の2倍近くにあたる約15万スイスフラン(約1770万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  5. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  6. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. 第8回 慶應SFC研究所 高大連携教育WG、奈良県立高で「つくりかたの未来講座」を開催——STEM手法で生徒の創造性を引き出すワークショップ
  9. 押しボタンの奥深い世界——押下の正確性を向上するシミュレーションを開発
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る