新しいものづくりがわかるメディア

RSS


腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」

充電不要のキネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

SEQUENTは、スイスの時計づくりの伝統を受け継いだスマートウォッチだ。キネティック(自動巻き発電システム)を採用しており、本体を腕につけて動くことで発生する運動エネルギーを電気エネルギーに変換して電力を自給する。充電や電池交換の必要はない。

SEQUENT
SEQUENT

GPS、加速度計、心拍センサー、歩数計、通知機能を搭載しており、スマートフォンとはBluetooth経由で接続する。バイオフィードバックアプリで運動記録や心拍数測定ができる。

SEQUENTのサイズは46.8×42.5×14.8mm、かん幅は22mmだ。5気圧(50m)防水で、タイムゾーンは自動的に調整される。

SEQUENT
SEQUENT

BLACK、STEEL、KICKSTARTERの3つのエディションがあり、文字盤の色は、BLACKエディションが白と黒、STEELエディションが青と黒、KICKSTARTERエディションは緑のみだ。

SEQUENT
SEQUENT

SEQUENTの特別早期割引価格は、BLACKエディションが149スイスフラン(約1万8000円)、KICKSTARTERエディションが299スイスフラン(約3万5000円)。STEELエディションの特別早期割引価格適用分は既に受付終了しているが、早期割引価格239スイスフラン(約2万8000円)での入手が可能だ。出荷は2017年12月の予定で、いずれも日本への送料は19スイスフラン(約2200円)だ。

SEQUENTは2017年8月10日までクラウドファンディングを実施するが、7月7日時点で目標額8万スイスフラン(約940万円)の2倍近くにあたる約15万スイスフラン(約1770万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ドバイ警察、空飛ぶバイク「Scorpion3」を導入予定
  2. 直感的にロボットを作れる——モーターモジュール「Keigan Motor」の一般販売を開始
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  7. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スマホで家電の電源をON/OFF——スマートプラグ「ePlug」発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る