新しいものづくりがわかるメディア

RSS


中国・オープンソースハードウェアのSeeed、日本法人を設立——国内makerのニーズを反映した製品開発を促進

オープンソースハードウェアを製造するSeeedは、日本マーケットの開拓や日本のニーズを反映した製品開発のため、国内法人を設立したことを発表した。

中国・深センに本社を置くSeeedは「maker for makers」を掲げ、オープンソースハードウェアのキット販売や、Makerに小規模量産、プリント基板の製作サービスなどを提供している企業だ。世界各国のmakerが電子部品を気軽に使えるように、センサーモジュールを専用コネクタを使って接続するGroveシステムや、SeeedブランドのArduino互換機であるSeeeduinoなど、オープンソースハードウェアを開発・販売している。

今回日本国内の総販売代理店たる現地法人を設立することで、国内のマーケティング、ユーザーサポート、卸販売などを行う。加えてSeeedブランドの製品を取り扱うパートナー企業のスイッチサイエンスを始め世界中の500社以上のディストリビューターと協力し、国内のmakerプロダクトのグローバル販売もサポートするとしている。

同社は発表の中で、近年makerの作品制作やIoT機器のプロトタイピングなどのために、電子部品を1個から手軽に使いたいというニーズが高まっているとし、中国で培ってきた高い製造力を活かして、日本のニーズを反映した、個人でも使いやすい製品の開発をすすめたいと、日本市場進出の狙いを説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 「フィラメント」はどこから来てどこへ行くの?——3Dプリント用プラスチックの歴史と付き合い方
  3. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  4. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  5. コインを入れたら動くものを作ってみよう——コインメック「Arduino Coin Processor Set」
  6. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  7. 超軽量、実用的でスタイリッシュ——3Dプリンティングが可能にした多孔構造ステッキ「ENEA」
  8. 1000円以内で役立つお盆を作ろう! お盆だけに……
  9. 電流センサー付Arduinoモーターシールド「H-Bridge Motor Shield」
  10. Wi-Fiモジュール+クラウド+スマホアプリで9ドル——安くて早いIoTプラットフォーム「BOLT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る