新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dデータでクリスタルガラスにレーザー彫刻——「DMM.make 3Dクリスタル」サービス

DMM.comは、3Dデータを活用してクリスタルガラスにレーザー彫刻を行う「DMM.make 3Dクリスタル」制作サービスを、法人向けに開始した。

DMM.make 3Dクリスタルでは、レーザーを使用し、高品質なクリスタルガラスの内部に点を彫刻する加工技術で、360度どこからみても立体的に見えるクリスタルの作成が可能だ。

同社によれば、2Dイラストからでも再現性の高い3Dクリスタルが作成できるとしている。解像度の高い画像があればタイトルやロゴマークも追加できる。

サイズはSサイズ40×40×60mm、Mサイズ50×50×80mm、Lサイズ80×80×140mmの3種類、カラーはノーマル(クリア)とUV黒カラーの2色が用意されている。

photo

2Dデータまたは画像による入稿は、短辺2000px以上が必要で、データ形式はJPEG、 PSD、AIの3種類。レイヤー分けされているデータがあればより精細な再現が可能とのことだ。3Dデータであれば、ポリゴン数は5~50万(推奨10万ポリゴン)が必要で、テクスチャーがあればよりリアリティのある仕上がりになる。データ形式は、3DS、OBJ、FBX、STLの4種類だ。

加工作業は国内の提携工場にて行われ、納期は内容によって変動するが1カ月程度で、価格は要相談となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  2. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  5. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化
  10. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る