新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dデータでクリスタルガラスにレーザー彫刻——「DMM.make 3Dクリスタル」サービス

DMM.comは、3Dデータを活用してクリスタルガラスにレーザー彫刻を行う「DMM.make 3Dクリスタル」制作サービスを、法人向けに開始した。

DMM.make 3Dクリスタルでは、レーザーを使用し、高品質なクリスタルガラスの内部に点を彫刻する加工技術で、360度どこからみても立体的に見えるクリスタルの作成が可能だ。

同社によれば、2Dイラストからでも再現性の高い3Dクリスタルが作成できるとしている。解像度の高い画像があればタイトルやロゴマークも追加できる。

サイズはSサイズ40×40×60mm、Mサイズ50×50×80mm、Lサイズ80×80×140mmの3種類、カラーはノーマル(クリア)とUV黒カラーの2色が用意されている。

photo

2Dデータまたは画像による入稿は、短辺2000px以上が必要で、データ形式はJPEG、 PSD、AIの3種類。レイヤー分けされているデータがあればより精細な再現が可能とのことだ。3Dデータであれば、ポリゴン数は5~50万(推奨10万ポリゴン)が必要で、テクスチャーがあればよりリアリティのある仕上がりになる。データ形式は、3DS、OBJ、FBX、STLの4種類だ。

加工作業は国内の提携工場にて行われ、納期は内容によって変動するが1カ月程度で、価格は要相談となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 「フィラメント」はどこから来てどこへ行くの?——3Dプリント用プラスチックの歴史と付き合い方
  3. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  4. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  5. コインを入れたら動くものを作ってみよう——コインメック「Arduino Coin Processor Set」
  6. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  7. 超軽量、実用的でスタイリッシュ——3Dプリンティングが可能にした多孔構造ステッキ「ENEA」
  8. 1000円以内で役立つお盆を作ろう! お盆だけに……
  9. 電流センサー付Arduinoモーターシールド「H-Bridge Motor Shield」
  10. Wi-Fiモジュール+クラウド+スマホアプリで9ドル——安くて早いIoTプラットフォーム「BOLT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る