新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3にAI機能を——GoogleのAIスピーカー自作キット「Voice Kit」国内販売開始へ

ケイエスワイは、Googleが開発したAIスピーカー自作キット「Voice Kit」の国内販売を11月上旬に開始する。Raspberry Pi 3に音声認識とAI機能を追加して、AIスピーカーを制作できるキットだ。

Googleは、5月にAI(人工知能)の活用をサポートする「AIY Projects」を発表し、その第一弾として、Raspberry Piを使って自作するAIスピーカー「Voice Kit」をリリースした。今回、Raspberry Piの国内正規代理店であるケイエスワイにより国内販売が開始される。価格は3000円(税別)で、発売日および先行予約販売の開始日などは未定だ。

同キットに含まれるハードウェアとソフトウェアを利用すれば、会話を通じてユーザーの意図を認識し、アクションを起こすAIスピーカーを自作できる。また、他の機器や家電などと連携することで、単独での機能以上のことができるようになる。

例えば、日本語で「明日の天気は?」と尋ねると、AIスピーカーが現在地をもとにインターネットで天気情報を検索して音声で通知。「暑い」と語りかければ、Raspberry Piに接続された赤外線送信機からエアコンを操作してくれる、といった使い方が可能だ。

さらに、同キットが初めから持っている機能以外にも、Google Assistant SDK(Googleの自然言語ユーザーインターフェース ソフトウェア開発キット)とTensorFlow(Googleの機械学習ライブラリ)により機能拡張やカスタマイズができる。

同キットには、Voice HAT ボード(音声認識用ボード)、マイクロフォン ドーター ボード、3インチスピーカー、ケーブル類やダンボールケースなどが含まれる。また、AIスピーカーを動作させるには、Raspberry Pi 3 Model B、Raspberry Pi用USB電源、Raspberry Pi用microSDが別途必要となる。システムのセットアップ時には、モニターやキーボード、マウスなどが必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  10. 紫外線照射でゴム状に硬化、乾燥時間いらずの接着剤「UVBondyゴム状硬化」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る