新しいものづくりがわかるメディア

RSS


より静かにプリント中の有害物質を除去——3Dプリンター向け汎用フィルターユニット「Zimpure V2」

3Dプリント中に発生する有害物質を除去する汎用フィルターユニット「Zimpure V2」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Zimpure V2は、以前fabcrossで紹介した「Zimpure」の改良版。ZimpureはFFF方式3Dプリンターのエクストルーダー付近に吸引ノズルをセットし、溶融したフィラメントから発生する有害物質を直接吸収するフィルターユニットだ。2017年3月にクラウドファンディングを実施し、目標額の1.7倍もの資金を集める成功を納めた。

Zimpure V2

Zimpure V2ではボディが射出成形したケースに改められ、本体サイズは204×159×164mmとなった。旧モデルの本体サイズは168×111×124mmだったので、少し大きくなったが本体内部に吸音材を入れることで静粛性を高めている。

Zimpure V2の電源電圧は12V、消費電力は15.6W。フィルターの寿命は旧モデルと同じ500時間以上だ。交換用フィルター(別売)は、2セットで19.9ユーロ(約2700円)とのことだ。

Zimpure V2
Zimpure V2

Zimpure V2の早期割引価格は、99ユーロ(約1万3000円)。出荷は2018年2月の予定で、日本への送料は30ユーロ(約4000円)だ。

Zimpure V2は2017年11月16日までクラウドファンディングを実施。10月27日時点で目標額1万ユーロ(約130万円)に対して、約7500ユーロ(約100万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  2. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  3. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  4. オーム社、「いまからはじめるNC工作 Jw_cadとNCVCでかんたん切削」第2版発刊
  5. 重さ2.5kgでレーザー刻印もオプションで可能——ポータブル3Dプリンター「Migo」
  6. 機械学習に必要なPythonの基礎を解説——翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」発刊
  7. ケーブル接続してスマートフォンで操作——ホビー向けワイヤレス制御モジュール「ELIO」
  8. PCケースをチューンアップできる——ArduinoベースのPCケースコントローラー「urPC」
  9. 単身赴任のムカイさんへ。ドイツで役立つグッズを1000円で作りました!
  10. MESH、Raspberry Piに対応したMESHハブアプリケーションを配布開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る