新しいものづくりがわかるメディア

RSS


より静かにプリント中の有害物質を除去——3Dプリンター向け汎用フィルターユニット「Zimpure V2」

3Dプリント中に発生する有害物質を除去する汎用フィルターユニット「Zimpure V2」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Zimpure V2は、以前fabcrossで紹介した「Zimpure」の改良版。ZimpureはFFF方式3Dプリンターのエクストルーダー付近に吸引ノズルをセットし、溶融したフィラメントから発生する有害物質を直接吸収するフィルターユニットだ。2017年3月にクラウドファンディングを実施し、目標額の1.7倍もの資金を集める成功を納めた。

Zimpure V2

Zimpure V2ではボディが射出成形したケースに改められ、本体サイズは204×159×164mmとなった。旧モデルの本体サイズは168×111×124mmだったので、少し大きくなったが本体内部に吸音材を入れることで静粛性を高めている。

Zimpure V2の電源電圧は12V、消費電力は15.6W。フィルターの寿命は旧モデルと同じ500時間以上だ。交換用フィルター(別売)は、2セットで19.9ユーロ(約2700円)とのことだ。

Zimpure V2
Zimpure V2

Zimpure V2の早期割引価格は、99ユーロ(約1万3000円)。出荷は2018年2月の予定で、日本への送料は30ユーロ(約4000円)だ。

Zimpure V2は2017年11月16日までクラウドファンディングを実施。10月27日時点で目標額1万ユーロ(約130万円)に対して、約7500ユーロ(約100万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  2. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  6. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  7. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  8. 東北にMaker Faireがやってきた! 仙台に集まった個性豊かな東北Makerたち #SendaiMMF
  9. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)
  10. Windows 10 IoT CoreとRaspberry PiでIoTデバイスを作成——IoTデバイスプログラミング入門の第2版を刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る