新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルな世界で本人視点シューティングゲームを——FPS対戦型ロボット玩具「GEIO」

スマートフォンのアプリで操縦する対戦型ロボット玩具「GEIO」がKickstarterでクラウドファンディングを開始し、わずか1日で目標額を達成するほど人気を集めている。

GEIO

GEIOは、本人(一人称)視点のファーストパーソンシューティングゲーム(FPS)をリアルな世界で楽しめるロボット玩具。搭載したカメラが撮影するロボット目線の映像がスマートフォンのアプリ上に映し出され、自分がロボットに乗っているような感覚でロボットを操縦しプレイできる。

GEIO
GEIO

GEIO同士で行う1対1の対戦モードの他、複数対複数のチーム戦、攻撃側と防御側に分かれるグループ戦、宝探しレース、スピードレースなど多様な遊び方が用意されている。

GEIOは、全方向ホイールで前後左右に自由に動き回って対戦相手を探し、12000rpmの回転モーターにより高速かつ機敏に対戦相手を追跡し攻撃できる。また、GEIOは視覚認識および自動追跡機能を搭載しており、周囲をスキャンして対戦相手を識別して捕捉すると、自動的に追跡して攻撃できるという。

GEIO

GEIOのサイズは180×160×160mm、重量は900gだ。スマートフォンとはWi-Fiで接続し、最大通信距離は100メートル。充電池の容量は2000mAhで、USBケーブル経由で充電する。最大40分のプレイが可能だ。

GEIO

GEIOの早期割引価格は109ドル(約1万2000円)で、日本への送料は19ドル(約2200円)だ。2台セットは209ドル(約2万4000円)で、日本への送料は33ドル(約3700円)。いずれも出荷は2018年2月の予定だ。

GEIOは2017年12月8日までクラウドファンディングを実施するが、11月10日時点で目標額3万ドル(約340万円)を既に達成し約3万6000ドル(約400万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る