新しいものづくりがわかるメディア

RSS


15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」

高精度精密加工が可能なデスクトップ型CNCフライス「Routakit M」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Routakit M Routakit M

Routakit Mは、以前fabcrossで紹介したCNCフライス「Routakit SD」「Routakit HD」を開発したLouis Vissepo氏による新プロジェクト。Routakit SD/HDは2015年にKickstarterでクラウドファンディングを実施し、目標額の約2.5倍近い資金を調達する成功を納めた。

Vissepo氏の今回のプロジェクトは、デスクトップ型CNCフライスだ。Routakit Mのサイズは380×400×530mm、加工エリアは200×150×100mmとRoutakit SD/HDに比べるとかなり小さい。その一方で、繰り返し精度は、Routakit SD/HDが0.025~0.05mmであるのに対し、Routakit Mは0.003mmと格段に精度が高い。Routakit Mの分解能は0.3μmで精密加工が可能だ。

Routakit M
Routakit M

また、同等の加工精度でRoutakit Mより一回り大きい「Routakit M Pro」も用意されている。Routakit M Proのサイズは480×500×530mm、加工エリアは300×200×100mmだ。

Routakit M Pro Routakit M Pro

Routakit Mは2017年12月8日までクラウドファンディングを実施。11月10日時点で目標額2万ドル(約230万円)に対して約4300ドル(約49万円)を集めている。

Routakit Mの早期割引価格は、「Skeleton Kit」(骨組みのみ)が529ドル(約6万円)。Skeleton KitにT溝ベッド、600Wスピンドル、マウント、ステッピングモーター、電源が付属する「Starter Kit」は、1299ドル(約15万円)だ。Routakit M Proの早期割引価格は、Skeleton Kitが649ドル(約7万3000円)、600Wスピンドルの代わりに1.5kWスピンドルが付属するStarter Kitが1699ドル(約19万円)だ。

Routakit Mの出荷は2018年4月でRoutakit M Proの出荷は2018年5月の予定だが、出荷先はアメリカ、カナダおよびヨーロッパに限られている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  2. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  5. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表
  10. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る