新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電通とクロステック・マネジメント、IoTプロダクト開発支援事業を推進

TAG

提携 IoT アクセラレータ

電通は、クロステック・マネジメントと共同でIoTプロダクトの開発支援事業を推進することを発表した。

両社は、京都造形芸術大学に新設するIoTプロダクトなどが開発可能な工作機器を備えた「クロステックファクトリー」(仮)において、新しい技術やサービス開発支援、新規事業開発を進める企業とのマッチングなどのIoTプロダクトの開発支援事業を推進。これによりプロダクトアウトを目指す。

当支援事業は、往々にして「作って終わり」になりがちなIoT関連のものづくりに、世の中が求める「共感」という視点を取り入れることで、「テクノロジー×デザイン×共感」のイノベーションを志向する点に特徴があるとしている。

電通からはトップクリエイターや事業開発の専門家、クロステック・マネジメントからは映画「おくりびと」の脚本や「くまモン」のプロデュースを手がけた小山薫堂氏や、コミュニケーションクリエイターの軽部政治氏、IoTエバンジェリストでABBALab代表取締役の小笠原治氏らが開発支援に参加。新しい作品や技術、サービス、知的財産などの創出および企業とのマッチングを図る。さらにプロダクトアウト後も企業のマーケティング活動をワンストップで支えるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る