新しいものづくりがわかるメディア

RSS


独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功

独ケムニッツ工科大学の研究チームは、電動モーターを3Dプリンターで製作することに成功した。

ケムニッツ工科大学の研究者たちは、鉄、銅、セラミックの粒子と結合剤を混合したペーストを1層ずつ決められた形に押し出した後でまとめて焼結するという手法で電動モーターを作製した。また、絶縁体を特殊なセラミックにすることで、モーターの耐熱温度を上げることに成功したという。

TU Chemnitz 3D-printed Electric Motor

2017年に研究チームのメンバー2名が3Dプリンターで製作した300℃を超える温度に耐えられるコイルを発表して以来、同チームは電気機器の重要な部品を3Dプリンターで製作してきた。その中には磁場を生み出す銅製の電気導体や鉄または鉄合金から成る磁気回路を絶縁するセラミック製の絶縁体も含まれる。

TU Chemnitz 3D-printed Electric Motor

研究チームを率いるRalf Werner博士は、「我々の目標は電気機器の耐熱温度を飛躍的に高めることだ。従来の絶縁体による最高巻線許容温度は220℃だが、この温度をはるかに超えることができる。したがって、電気機器の動作温度限界は鉄製部品の強磁性が失われる温度となり、最高約700℃まで使用可能になる」と述べている。

研究チームは、2018年4月23日~27日にドイツで開催される「ハノーバーメッセ2018」に3Dプリント関連の最新研究を出展する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る