新しいものづくりがわかるメディア

RSS


等身大キャラクターが動いてしゃべる——キャラクターロボットオーダーメイドサービス「Chararoid」

キュリオシティは、キャラクターロボットのオーダーメイドサービス「Chararoid(キャラロイド)」を発表した。

Chararoidは、「アニメーションの世界を現実に存在させる」をコンセプトに、CGデザイナーがロボットの外装をデザインし、自社開発のアトラクション演出用ソフトで動きを制御できるオーダーメイドロボットの制作サービスだ。当サービスはMTMシステムズと共同で開発した。

photo

ロボットの瞳の部分には小型ディスプレイ「Eye display」を搭載しており、キラキラの目や怒った目などのアニメーション的な表現ができる。タブレットからロボットの操作やロボットとコミュニケーションすることができ、音声認識によって会話することもできるという。

photo

また、自社開発のアトラクション用のソフトウェアを用いてコミュニケーションの流れをタイムラインで管理しており、BGMやサイネージ、プロジェクションマッピングなどと連動した動きも演出できる。また、「声」をロボットの合成音声だけではなく、キャラクターにマッチした声優を手配して作成することも可能だ。

同社によると、内部構造や部品を共通化する一方、外装をさまざまなキャラクターに変更して動作用ソフトウェアを入れ替える仕様にしたことで、制作コストを従来のキャラクターロボットと比較して半分に抑えたという。

同社は、2018年5月9日~11日に東京ビッグサイトで開催される「第7回 IoT/M2M展」のMTMシステムズのブースにて実物を展示する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る