新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大切な物に貼って使えるシール型紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」

紛失物防止タグを手掛けるMAMORIOは、電子機器や文房具などに貼り付けて使えるシール型の紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA(フューダ)」を2018年6月1日に発売する。

MAMORIO FUDA

以前、fabcrossでも紹介した「MAMORIO」は、Bluetooth Low Energy(BLE)通信機能を内蔵したタグ。スマートフォンと連係して置き忘れ防止に役立つ製品で、MAMORIOから一定距離を離れるとスマートフォンにアラートを送って知らせてくれる。アラートに気付かず置き忘れてしまった場合でも、MAMORIOが最後にあった時刻と場所をアプリから確認できる。

また、他のMAMORIO使用者が置き忘れたMAMORIOとすれ違って電波を受信した場合に、その場所を持ち主に通知してくれる「クラウドトラッキング機能」も利用できる。特定の駅の遺失物センターや忘れ物取扱所など、「MAMORIO Spot」として登録された場所に届けられた場合にも通知を受けることができる。

MAMORIO FUDA

従来のタグ型やボタン型のMAMORIOはバッグに取り付けたり財布に入れたりして使うが、キーリングやポケットなどがない物には対応できなかった。新発売のMAMORIO FUDAは、大切な物に直接貼り付けて使うシール型だ。タブレット、Wi-Fiルーター、充電器などの持ち歩く電子機器、書類ファイルやカード入れに手帳、ノートなどの文房具などに貼り付けて置き忘れを防止できる。

MAMORIO FUDA MAMORIO FUDA (ブラック)
MAMORIO FUDA MAMORIO FUDA (ホワイト)

MAMORIO FUDAの大きさは24×36.2×3.4mm、重さは3.4g。有効通信距離は約60メートルだ。リチウム電池駆動で、電池寿命は約1年。電池交換プログラム「OTAKIAGE(おたきあげ)」が有償で利用できる。専用アプリはiOS9.0以上、Android4.3以上対応だ。

MAMORIO FUDAの価格は、2980円(税込)。色はブラックとホワイトの2種類が用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る