新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クラウド経由でハードウェアを簡単に制御——IoT用コントロールボード「obniz」

スイッチサイエンスは、CambrianRoboticsが開発/製造するIoTコントロールボード「obniz(オブナイズ)」の販売を同社のWebショップで開始した。

同製品は、Wi-Fiでインターネット接続し、クラウド経由でハードウェアを簡単に制御できる。電子工作の入門をはじめ、遠くのものをスマートフォンで操作したり、センサーの値をクラウドに集めるといったハードウェア開発に利用できる。

使用するには、まず同製品本体でWi-Fi接続設定を行ってネット接続し、さらに使いたいモーターやセンサーをつなぐ。続いて本体ディスプレイに表示されるQRコードをスマートフォンでスキャンすると、プログラムページを開くことができ、JavaScriptでプログラムを書くことができる。開発環境のインストールは必要ない。

全てのobnizはユニークなidで管理され、無線LANにつながっていればクラウド経由でどこからでも通信することが可能だ。JavaScript用のSDK、REST/Websocket API、オンラインHTMLエディターなど、開発/制御方法も各種用意されている。また、各種センサーやモーター、ディスプレイ、カメラなど、パーツライブラリも豊富だ。

ソフトウェア側でピンアサインとロジックレベル(3V/5V)を自由に決めることができる。12ある全てのI/Oで、A/D、UART、SPIなどが利用でき、また最大1Aの電流を流すことができる。さらに、全てのピンに過電流保護回路を組み込んでいる。プッシュプルとオープンドレインや内蔵プルアップダウンもピンごとに設定可能だ。

基板上には白のOLEDディスプレイが搭載され、プログラムから自由に使うことができる。通信はWi-Fiの他にBLEも利用できる。

製品サイズは74.5×36.3mm、動作電圧は5V(microUSBまたはJ1ピン)、動作電流は平均170mAだ。

同社Webショップでの価格は4980円(税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る