新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クラウド経由でハードウェアを簡単に制御——IoT用コントロールボード「obniz」

スイッチサイエンスは、CambrianRoboticsが開発/製造するIoTコントロールボード「obniz(オブナイズ)」の販売を同社のWebショップで開始した。

同製品は、Wi-Fiでインターネット接続し、クラウド経由でハードウェアを簡単に制御できる。電子工作の入門をはじめ、遠くのものをスマートフォンで操作したり、センサーの値をクラウドに集めるといったハードウェア開発に利用できる。

使用するには、まず同製品本体でWi-Fi接続設定を行ってネット接続し、さらに使いたいモーターやセンサーをつなぐ。続いて本体ディスプレイに表示されるQRコードをスマートフォンでスキャンすると、プログラムページを開くことができ、JavaScriptでプログラムを書くことができる。開発環境のインストールは必要ない。

全てのobnizはユニークなidで管理され、無線LANにつながっていればクラウド経由でどこからでも通信することが可能だ。JavaScript用のSDK、REST/Websocket API、オンラインHTMLエディターなど、開発/制御方法も各種用意されている。また、各種センサーやモーター、ディスプレイ、カメラなど、パーツライブラリも豊富だ。

ソフトウェア側でピンアサインとロジックレベル(3V/5V)を自由に決めることができる。12ある全てのI/Oで、A/D、UART、SPIなどが利用でき、また最大1Aの電流を流すことができる。さらに、全てのピンに過電流保護回路を組み込んでいる。プッシュプルとオープンドレインや内蔵プルアップダウンもピンごとに設定可能だ。

基板上には白のOLEDディスプレイが搭載され、プログラムから自由に使うことができる。通信はWi-Fiの他にBLEも利用できる。

製品サイズは74.5×36.3mm、動作電圧は5V(microUSBまたはJ1ピン)、動作電流は平均170mAだ。

同社Webショップでの価格は4980円(税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る