新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT機器の開発を加速——Renesas Synergyプラットフォーム対応の組み込みボード3製品を発売へ

アルファプロジェクトは、ルネサスエレクトロニクスのRenesas Synergyプラットフォームに対応したIoT機器向けの組み込みボード3製品を、2018年5月28日に発売する。

今回発売される3製品は、ハイパフォーマンスモデル「AP-S7G2-0A」、ミッドレンジモデル「AP-S5D9-0A」、低消費電力モデル「AP-S3A7-0A」だ。

各製品で利用できるSynergy Softwareパッケージ(SSP)と統合開発環境が無償で提供されるため、製品購入後すぐに開発に着手できる。

AP-S7G2-0A

AP-S7G2-0Aは、Renesas Synergyシリーズで最もハイパフォーマンスなマイクロコントローラーとして、240MHzのCortex-M4コア「S7G2」を搭載。内蔵ROMは4MB、内蔵RAMは640KB、SDRAMは32MBで、高性能かつコネクティビティとセキュリティ機能に優れるモデルだ。

Ethernet/LCD/USB/SDカード/Wi-Fi/CANなどの周辺インターフェースに対応。オプションのLCDキットとの組み合わせにより、タッチパネル搭載の簡易表示機器など幅広い用途で利用できる。

AP-S5D9-0A

AP-S5D9-0Aはミッドレンジモデルとして、120MHzのCortex-M4コア「S5D9」を搭載。S7G2と同等の機能を備えながらも、コストパフォーマンスに優れる。内蔵ROMは2MB、内蔵RAMは640KB、SDRAMは16MBだ。

豊富な通信インターフェース(Ethernet/LCD/USB/SDカード/Wi-Fi/CAN)機能により、さまざまな用途に利用できる。オプションとしてLCDキットや無線LAN、Bluetooth製品も利用可能だ。

AP-S3A7-0A

AP-S3A7-0Aは、48MHzのCortex-M4コア「S3A7」を搭載したコンパクトな製品だ。内蔵ROMは1MB、内蔵RAMは192KB。通信インターフェース(USBCANSDカード)機能の他、オプションとして無線LAN、Bluetooth製品も利用できる。

価格はAP-S7G2-0Aが1万8800円、AP-S5D9-0Aが1万6800円、AP-S3A7-0Aが7800円(いずれも税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る