新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エントリークラスの家庭用FFF方式3Dプリンター「Adventurer3」

AppleTreeは、同社が日本総代理店となるFLASHFORGEのFFF方式3Dプリンター「Adventurer3」をリリースした。

photo

Adventurer3の外形サイズは、FLASHFORGEの中で最もコンパクトだった「Finder」よりも一回り小さい388×380×405mm、重さは9 kgと小型ながら、最大プリントサイズはFinderを上回る150×150×150mm、最小積層ピッチは50μm、プリント速度は毎秒40~100mmを実現している。

photo

加えて、造形中にフィラメント切れが生じても、その時点で一時停止して交換した後に再開できるフィラメント検出機能を備え、ノズルはワンプッシュで取り外しできる。ノズルサイズは0.4mmだ。

photo

取り外し可能な加熱式プラットフォームはPLA、ABSに対応し、独自のエクストルーダーの構造によってキャリブレーション(水平出し)は不要だ。

photo

また、インターネットに接続できる高画素カメラが搭載され、スマートフォンからリアルタイムで造形中の様子をモニタリングできる。無料クラウドサービスFlashCloudを通して、多数の3Dプリンターの制御と管理も可能だ。

photo

電源はAC100~240V、50/60H、消費電力は300W、稼働音は45dB 。4Gバイトのメモリを内蔵する。電源ケーブル、USBケーブル、ソフトウェアFlashPrint、フィラメント1リールが付属し、対応OSはWindows、OSX、Linuxだ。

photo

2018年6月1日から予約販売を開始し 、販売価格は6万4600円(税別)、発送予定日は7月中旬となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る