新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エントリークラスの家庭用FFF方式3Dプリンター「Adventurer3」

AppleTreeは、同社が日本総代理店となるFLASHFORGEのFFF方式3Dプリンター「Adventurer3」をリリースした。

photo

Adventurer3の外形サイズは、FLASHFORGEの中で最もコンパクトだった「Finder」よりも一回り小さい388×380×405mm、重さは9 kgと小型ながら、最大プリントサイズはFinderを上回る150×150×150mm、最小積層ピッチは50μm、プリント速度は毎秒40~100mmを実現している。

photo

加えて、造形中にフィラメント切れが生じても、その時点で一時停止して交換した後に再開できるフィラメント検出機能を備え、ノズルはワンプッシュで取り外しできる。ノズルサイズは0.4mmだ。

photo

取り外し可能な加熱式プラットフォームはPLA、ABSに対応し、独自のエクストルーダーの構造によってキャリブレーション(水平出し)は不要だ。

photo

また、インターネットに接続できる高画素カメラが搭載され、スマートフォンからリアルタイムで造形中の様子をモニタリングできる。無料クラウドサービスFlashCloudを通して、多数の3Dプリンターの制御と管理も可能だ。

photo

電源はAC100~240V、50/60H、消費電力は300W、稼働音は45dB 。4Gバイトのメモリを内蔵する。電源ケーブル、USBケーブル、ソフトウェアFlashPrint、フィラメント1リールが付属し、対応OSはWindows、OSX、Linuxだ。

photo

2018年6月1日から予約販売を開始し 、販売価格は6万4600円(税別)、発送予定日は7月中旬となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る