新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウミトロン、追加増資によりアーリーステージ総額12.2億円を調達

データ活用による水産養殖の効率化などを目指すスタートアップのウミトロンが、3億円の第三者増資割当を実施。アーリーステージで総額12.2億円を調達したと発表した。

photo

今回の第三者増資割当は、スパークス・グループを運営者とする未来創生ファンドによるもので、2018年9月6日付けで実施された。この増資は、2018年6月に実施した資金調達ラウンドの追加投資にあたるもので、今回で総額12.2億円となる。同社によると水産テック分野のアーリーステージ投資では世界で過去最高額となるという。

photo

ウミトロンでは、現在新たにIoTや衛星データの技術を活用した水産養殖における資産価値、環境評価を定量化することで、水産養殖保険を提供するためのデータサービスの実証を行っているが、今回の資金調達によって、既存/新規サービスの事業基盤強化、水産養殖データを活用した新たな研究開発を推進する。

photo

水産養殖保険は、水産養殖におけるリスク対策として提供されてきたが、技術的な課題によりその被害額や環境変化の定量化が困難だった。同社は上記の技術によって資産を定量化し、信頼性のあるデータを提供することで生産者の経営リスクを削減し、持続可能な水産養殖の開発に取り組むとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  4. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  5. シリコン半導体に置き換わる新デバイスーー集積度の限界を超える「金属-空気トランジスタ」
  6. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  7. 手で動かしてカラープリント——モバイルインクジェットプリンター「PrintBrush XDR」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る