新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウミトロン、追加増資によりアーリーステージ総額12.2億円を調達

データ活用による水産養殖の効率化などを目指すスタートアップのウミトロンが、3億円の第三者増資割当を実施。アーリーステージで総額12.2億円を調達したと発表した。

photo

今回の第三者増資割当は、スパークス・グループを運営者とする未来創生ファンドによるもので、2018年9月6日付けで実施された。この増資は、2018年6月に実施した資金調達ラウンドの追加投資にあたるもので、今回で総額12.2億円となる。同社によると水産テック分野のアーリーステージ投資では世界で過去最高額となるという。

photo

ウミトロンでは、現在新たにIoTや衛星データの技術を活用した水産養殖における資産価値、環境評価を定量化することで、水産養殖保険を提供するためのデータサービスの実証を行っているが、今回の資金調達によって、既存/新規サービスの事業基盤強化、水産養殖データを活用した新たな研究開発を推進する。

photo

水産養殖保険は、水産養殖におけるリスク対策として提供されてきたが、技術的な課題によりその被害額や環境変化の定量化が困難だった。同社は上記の技術によって資産を定量化し、信頼性のあるデータを提供することで生産者の経営リスクを削減し、持続可能な水産養殖の開発に取り組むとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る