新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウミトロン、追加増資によりアーリーステージ総額12.2億円を調達

データ活用による水産養殖の効率化などを目指すスタートアップのウミトロンが、3億円の第三者増資割当を実施。アーリーステージで総額12.2億円を調達したと発表した。

photo

今回の第三者増資割当は、スパークス・グループを運営者とする未来創生ファンドによるもので、2018年9月6日付けで実施された。この増資は、2018年6月に実施した資金調達ラウンドの追加投資にあたるもので、今回で総額12.2億円となる。同社によると水産テック分野のアーリーステージ投資では世界で過去最高額となるという。

photo

ウミトロンでは、現在新たにIoTや衛星データの技術を活用した水産養殖における資産価値、環境評価を定量化することで、水産養殖保険を提供するためのデータサービスの実証を行っているが、今回の資金調達によって、既存/新規サービスの事業基盤強化、水産養殖データを活用した新たな研究開発を推進する。

photo

水産養殖保険は、水産養殖におけるリスク対策として提供されてきたが、技術的な課題によりその被害額や環境変化の定量化が困難だった。同社は上記の技術によって資産を定量化し、信頼性のあるデータを提供することで生産者の経営リスクを削減し、持続可能な水産養殖の開発に取り組むとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る