新しいものづくりがわかるメディア

RSS


28ドルで買えるロボットキット——Arduino互換オープンソースの2輪走行ロボットキット「LittleBot Budget」

Arduinoプログラミングに対応した2輪走行ロボットキット「LittleBot Budget」のクラウドファンディングがKickstarterで進行中だ。

photo mePed拡張基板(シールド)。超音波センサー、サーボ、WiFi、Bluetooth、I2C、IRなどのIOと電源を搭載する。

LittleBot Budgetは、Spierce Technologies製の多脚ロボットプラットフォーム「mePed」シールドを使ったロボットキットだ。ハードウェア、ソフトウェア共に公開されており、LittleBot Budgetの開発者もグリッパー、ブルドーザー、スコップなどのボディ拡張パーツの3Dプリントデーターを公開するとしている。

photo

メインボードはArduino Nano互換で、超音波測距センサーを使った障害物回避動作など数種類のスケッチが公開されている。もちろん、Arduino IDE、Blocklyなどでプログラミングすることもできる。さらに、ブレッドボードを載せて、自分で回路を組むことも可能だ。

photo

LittleBot Budgetの基本キットは、Arduino NanoとMepedシールド、超音波測距センサー、サーボモーター×2、バッテリーホルダー、ボディ、ホイール×2、トレッド×2などが含まれる。これにグリッパーとBluetoothモジュールを加えた「LittleBot Budget Plus」、さらにブザー、光センサー、チルトセンサーなどを加えた「LittleBot Pro Pack」も用意されている。

photo

LittleBot Budgetの価格は28ドル(約3100円)。出荷は2018年12月の予定で、日本への送料は14ドル(約1600円)だ。LittleBot Budget Plusの価格は42ドル(約4700円)、LittleBot Pro Packは79ドル(約8900円)。出荷はいずれも2018年12月の予定で、日本への送料はLittleBot Budget Plusが16ドル(約1800円)、LittleBot Pro Packが22ドル(約2500円)だ。

photo

LittleBot Budgetは3000ドル(約33万8000円)を目標に、2018年10月21日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る