新しいものづくりがわかるメディア

RSS


28ドルで買えるロボットキット——Arduino互換オープンソースの2輪走行ロボットキット「LittleBot Budget」

Arduinoプログラミングに対応した2輪走行ロボットキット「LittleBot Budget」のクラウドファンディングがKickstarterで進行中だ。

photo mePed拡張基板(シールド)。超音波センサー、サーボ、WiFi、Bluetooth、I2C、IRなどのIOと電源を搭載する。

LittleBot Budgetは、Spierce Technologies製の多脚ロボットプラットフォーム「mePed」シールドを使ったロボットキットだ。ハードウェア、ソフトウェア共に公開されており、LittleBot Budgetの開発者もグリッパー、ブルドーザー、スコップなどのボディ拡張パーツの3Dプリントデーターを公開するとしている。

photo

メインボードはArduino Nano互換で、超音波測距センサーを使った障害物回避動作など数種類のスケッチが公開されている。もちろん、Arduino IDE、Blocklyなどでプログラミングすることもできる。さらに、ブレッドボードを載せて、自分で回路を組むことも可能だ。

photo

LittleBot Budgetの基本キットは、Arduino NanoとMepedシールド、超音波測距センサー、サーボモーター×2、バッテリーホルダー、ボディ、ホイール×2、トレッド×2などが含まれる。これにグリッパーとBluetoothモジュールを加えた「LittleBot Budget Plus」、さらにブザー、光センサー、チルトセンサーなどを加えた「LittleBot Pro Pack」も用意されている。

photo

LittleBot Budgetの価格は28ドル(約3100円)。出荷は2018年12月の予定で、日本への送料は14ドル(約1600円)だ。LittleBot Budget Plusの価格は42ドル(約4700円)、LittleBot Pro Packは79ドル(約8900円)。出荷はいずれも2018年12月の予定で、日本への送料はLittleBot Budget Plusが16ドル(約1800円)、LittleBot Pro Packが22ドル(約2500円)だ。

photo

LittleBot Budgetは3000ドル(約33万8000円)を目標に、2018年10月21日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る