新しいものづくりがわかるメディア

RSS


28ドルで買えるロボットキット——Arduino互換オープンソースの2輪走行ロボットキット「LittleBot Budget」

Arduinoプログラミングに対応した2輪走行ロボットキット「LittleBot Budget」のクラウドファンディングがKickstarterで進行中だ。

photo mePed拡張基板(シールド)。超音波センサー、サーボ、WiFi、Bluetooth、I2C、IRなどのIOと電源を搭載する。

LittleBot Budgetは、Spierce Technologies製の多脚ロボットプラットフォーム「mePed」シールドを使ったロボットキットだ。ハードウェア、ソフトウェア共に公開されており、LittleBot Budgetの開発者もグリッパー、ブルドーザー、スコップなどのボディ拡張パーツの3Dプリントデーターを公開するとしている。

photo

メインボードはArduino Nano互換で、超音波測距センサーを使った障害物回避動作など数種類のスケッチが公開されている。もちろん、Arduino IDE、Blocklyなどでプログラミングすることもできる。さらに、ブレッドボードを載せて、自分で回路を組むことも可能だ。

photo

LittleBot Budgetの基本キットは、Arduino NanoとMepedシールド、超音波測距センサー、サーボモーター×2、バッテリーホルダー、ボディ、ホイール×2、トレッド×2などが含まれる。これにグリッパーとBluetoothモジュールを加えた「LittleBot Budget Plus」、さらにブザー、光センサー、チルトセンサーなどを加えた「LittleBot Pro Pack」も用意されている。

photo

LittleBot Budgetの価格は28ドル(約3100円)。出荷は2018年12月の予定で、日本への送料は14ドル(約1600円)だ。LittleBot Budget Plusの価格は42ドル(約4700円)、LittleBot Pro Packは79ドル(約8900円)。出荷はいずれも2018年12月の予定で、日本への送料はLittleBot Budget Plusが16ドル(約1800円)、LittleBot Pro Packが22ドル(約2500円)だ。

photo

LittleBot Budgetは3000ドル(約33万8000円)を目標に、2018年10月21日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る