新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小中学生がアイデアを競う——「PCNこどもプログラミングコンテスト 2018」作品募集開始

プログラミングクラブネットワーク(PCN)が開催する「PCNこどもプログラミングコンテスト2018」が作品の募集を開始した。

同コンテストは小学1年生から中学3年生の児童生徒を対象とした、プログラミングを使ったアイデア作品コンテストだ。

2014年夏から始まり、今回で9回目の開催となる。日本だけではなく、アメリカやタンザニアなど世界からも作品が応募され、これまでの応募作品は累計400作品を超える。

前回同様、ソフトウェア部門(小学生の部/中学生の部)とロボット・電子工作部門(小学生の部/中学生の部)の全4部門を設置する。

オリジナルのプログラミング作品であればツール/環境は不問で、ゲームやアプリ、ロボットや電子工作と組み合わせた作品などを広く募集する。なお、応募点数に制限はない。

前回表彰式

最優秀賞(各部門1作品)、優秀賞(同1作品)の他、協賛賞を複数用意する。このうち、最優秀賞と優秀賞は一次審査(2019年1月中旬)のノミネート作品から選定される。最終審査会は、2019年3月3日に福岡のももち浜SRPホールで実施予定だ。 協賛賞は全部で20作品以上を予定している他、副賞もノートパソコンや3Dプリンターなど多数を用意する。

応募締め切りは2018年12月31日。公式Webサイトにて、作品エントリーを受け付け中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る