新しいものづくりがわかるメディア

RSS


センサーを選んで置くだけでIoTできる——センスウェイとピクスー、LoRaWAN対応センサーサービス開始

LoRaWAN方式IoT通信サービスを提供するセンスウェイと、センサーを置くだけで導入できるIoTセンサーサービス「Webiot(ウェビオ)」を提供するピクスーが連携して、初期費用0円で使えるLoRaWAN対応センサー利用サービスを開始した。

ピクスーのWebiotは、11種類あるセンサーを設置してすぐ利用できるBLE通信方式のIoTセンサーサービスだ。今回センスウェイのLoRaWAN通信サービス「SenseWay Mission Connect」と連携することで、センスウェイのサービス提供範囲であれば、ゲートウェイを設置しなくてもWebiotのセンサーが利用できるようになる。また、専用の屋内用LoRaWANゲートウェイも用意する。

photo

利用可能なセンサーは、温度/湿度/気圧センサー、加速度センサー、人感センサー、ボタンセンサー、CO2センサー、超音波距離センサー、照度センサー、開閉センサー、騒音センサー、赤外線放射温度センサー、着座センサー(シングルまたはデュアル)の11種類。それぞれセンサー1個あたり月額750円~1250円の月額で利用できる。利用料金の他に通信費が1個あたりおおよそ200円(5分間隔通信想定)必要になる。またLoRaWAN屋内用ゲートウェイの月額利用料金は3400円(いずれも税別)となる。

photo 温度/湿度/気圧センサー
photo ボタンセンサー

サービス開始当初は、温度/湿度/気圧センサー、ボタンセンサーおよび屋内ゲートウェイのみの提供となり、その他は随時追加していく予定だ。

両社は、主にオフィスや商業施設、学校などの中規模から大規模の施設を対象に、今後1年間で1000セット、5万デバイスの販売を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る