新しいものづくりがわかるメディア

RSS


センサーを選んで置くだけでIoTできる——センスウェイとピクスー、LoRaWAN対応センサーサービス開始

LoRaWAN方式IoT通信サービスを提供するセンスウェイと、センサーを置くだけで導入できるIoTセンサーサービス「Webiot(ウェビオ)」を提供するピクスーが連携して、初期費用0円で使えるLoRaWAN対応センサー利用サービスを開始した。

ピクスーのWebiotは、11種類あるセンサーを設置してすぐ利用できるBLE通信方式のIoTセンサーサービスだ。今回センスウェイのLoRaWAN通信サービス「SenseWay Mission Connect」と連携することで、センスウェイのサービス提供範囲であれば、ゲートウェイを設置しなくてもWebiotのセンサーが利用できるようになる。また、専用の屋内用LoRaWANゲートウェイも用意する。

photo

利用可能なセンサーは、温度/湿度/気圧センサー、加速度センサー、人感センサー、ボタンセンサー、CO2センサー、超音波距離センサー、照度センサー、開閉センサー、騒音センサー、赤外線放射温度センサー、着座センサー(シングルまたはデュアル)の11種類。それぞれセンサー1個あたり月額750円~1250円の月額で利用できる。利用料金の他に通信費が1個あたりおおよそ200円(5分間隔通信想定)必要になる。またLoRaWAN屋内用ゲートウェイの月額利用料金は3400円(いずれも税別)となる。

photo 温度/湿度/気圧センサー
photo ボタンセンサー

サービス開始当初は、温度/湿度/気圧センサー、ボタンセンサーおよび屋内ゲートウェイのみの提供となり、その他は随時追加していく予定だ。

両社は、主にオフィスや商業施設、学校などの中規模から大規模の施設を対象に、今後1年間で1000セット、5万デバイスの販売を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る