新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オプティムなど、九州の農業の競争力強化する「スマート農業促進コンソーシアム」設立

オプティム、九州経済連合会、福岡県、大分県は、九州における農業の競争力を、AI、IoT、Robotを用いて強化し、稼げる農業の実現を加速化するために、「スマート農業促進コンソーシアム」を設立し、「スマート農業促進コンソーシアム協定」を締結した。

スマート農業促進コンソーシアムは、九経連、福岡県、大分県が、オプティムが設立した、AI、IoT、ビッグデータを活用して稼げる農業の実現を推進する 「スマート農業アライアンス」に参加し、九州におけるスマート農業の促進を目的とした事業を進めるものだ。生産者所得の向上を目指して、AI、IoT、Robotの先端技術を活用したスマート農業のモデルケース作りに取り組む。具体的には、AI、IoT、Robotを使い、農薬使用量を必要最小限度にするモデルケースの構築を目指している。

スマート農業促進コンソーシアム協定の内容は、スマート農業促進コンソーシアムの事業内容や役割分担に関するものとなっている。事業内容は、個別プロジェクト実施状況の進捗確認、助言、指導などで、九経連がスマート農業促進コンソーシアムの運営委員会事務局の運営、福岡県と大分県が個別プロジェクト参加者に対する農業技術などの助言や指導、オプティムがスマート農業アライアンスに参加する生産者と個別に契約を締結して個別プロジェクトを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る