新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、産業機器向け電力線通信チップセット「ST8500」発表

STマイクロエレクトロニクスは、電気、ガス、水道メータ以外の産業機器(スマートシティ、街路照明、再生可能エネルギー制御など)向けの通信プロトコルG3-PLCの通信規格CENELEC B認証取得済みプロトコルスタックを搭載した、電力線通信(PLC)ソリューション「ST8500」を発表した。

ST8500は、500kHzまでのすべてのPLCプロトコルに対応するようデザインされたPLCモデムSoCだ。ITU G.9903 (G3-PLC)、ITU G.9904 (PRIME)など主要なPLC標準プロトコルに対応し、PRIME 1.3.6~PRIME 1.4までのすべてのPRIME規格に対する認証取得済みライブラリを提供する。

ST8500は、さまざまなPLC規格の変調とコーディング方式を処理する専用リアルタイムエンジンと、上位層の処理とシステム制御を行うArm Cortex-M4Fプロセッサを搭載し、単一のハードウェアプラットフォームで複数の市場と地域への対応が可能で、リモート更新により長期間資産を使用できるとしている。

ST8500は、内蔵されているアナログフロントエンド(AFE)により、「STLD1」ラインドライバに直接接続できるので、シングルベンダーによる実用化された電力線トランシーバソリューションに利用できる。高いドライバ性能、シングルエンドで18V、差動モードで36Vという広範な出力範囲にわたる高い線形性を持ち、ノイズの多いケーブルでも信頼性の高い通信が行える。2チップの構成により、スマートグリッドやIoT機器において、クラス最高の性能、超低消費電力、柔軟性とコストパフォーマンスに優れたコネクティビティを実現する。

ST8500は、7×7×1mm のQFN56パッケージ、STLD1は4×4×1mmのQFN24パッケージで提供され、現在入手可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る