新しいものづくりがわかるメディア

RSS


熊本城復興支援に協力——LEDが光る基板アート「熊本城デザイン」iPhoneケース

熊本城をデザインしたiPhone/ICカードケースが、Makuakeにて出資を募っている。

photo

同製品は、製作元の基板アート「PCB ART moeco」の熊本城デザインとして企画されたもの。Makuakeでは熊本城復興の一助とすべく、1個あたり1000円から2万円を熊本城復興用途で熊本市へ寄附するという。

photo

iPhoneケースは、破風下の懸魚部分に実装した赤色LEDが1個点灯する。iPhoneの内蔵アンテナからの電波を基板パターンで捉えて電力に変換し、昇圧することでLEDを点灯させるものだ。またICカードケースやICカードクリップは、改札タッチや決済時に大天守/小天守/宇土櫓の鯱部分に実装された白色LED4個が光る仕組みだ。

photo

熊本城のデザインにあたり、熊本城総合事務所から提供された大天守/小天守/宇土櫓の図面データを基に、基板用CADによる緻密なデザインを作成している。また、デザインの監修には、タレントの田村淳さんが協力している。

photo

価格はICカードクリップが6480円、ICカードケースが9720円、iPhoneケースがX/XS、7/8、SE/5/5s対応タイプが1万4040円、XS Max、XR、7/8+対応が1万5120円(全て税込)。Makuakeでは支援者限定で、裏面へのレーザー名入れ(無料)サービスを実施している他、先着順で加藤清正公のピンズ(非売品)が付属する。

photo

本プロジェクトはMakuakeにて2018年11月29日までクラウドファンディング中だ。目標金額30万円に対し、9月25日の時点で38万円以上が集まっている。出荷は2018年12月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る