新しいものづくりがわかるメディア

RSS


熊本城復興支援に協力——LEDが光る基板アート「熊本城デザイン」iPhoneケース

熊本城をデザインしたiPhone/ICカードケースが、Makuakeにて出資を募っている。

photo

同製品は、製作元の基板アート「PCB ART moeco」の熊本城デザインとして企画されたもの。Makuakeでは熊本城復興の一助とすべく、1個あたり1000円から2万円を熊本城復興用途で熊本市へ寄附するという。

photo

iPhoneケースは、破風下の懸魚部分に実装した赤色LEDが1個点灯する。iPhoneの内蔵アンテナからの電波を基板パターンで捉えて電力に変換し、昇圧することでLEDを点灯させるものだ。またICカードケースやICカードクリップは、改札タッチや決済時に大天守/小天守/宇土櫓の鯱部分に実装された白色LED4個が光る仕組みだ。

photo

熊本城のデザインにあたり、熊本城総合事務所から提供された大天守/小天守/宇土櫓の図面データを基に、基板用CADによる緻密なデザインを作成している。また、デザインの監修には、タレントの田村淳さんが協力している。

photo

価格はICカードクリップが6480円、ICカードケースが9720円、iPhoneケースがX/XS、7/8、SE/5/5s対応タイプが1万4040円、XS Max、XR、7/8+対応が1万5120円(全て税込)。Makuakeでは支援者限定で、裏面へのレーザー名入れ(無料)サービスを実施している他、先着順で加藤清正公のピンズ(非売品)が付属する。

photo

本プロジェクトはMakuakeにて2018年11月29日までクラウドファンディング中だ。目標金額30万円に対し、9月25日の時点で38万円以上が集まっている。出荷は2018年12月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る