新しいものづくりがわかるメディア

RSS


sakura.ioを利用した通信用コマンドを搭載——プログラミング学習向けOS「IchigoJam BASIC」Ver1.3リリース

B Inc.は、プログラミング教育用の子供パソコン「Ichigo Jam」に搭載されるBASICベースのOS「IchigoJam BASIC」ver1.3をリリースした。

「IchigoJam」はプログラミング入門用ワンボードマイコン。ビデオケーブルでテレビに接続し、PS/2キーボードを差し込み、microUSBを電源として繋ぐだけで、プログラミングの学習を始められる。

IchigoJamが生まれた福井県鯖江市では、全12校の小学校のクラブ活動と、全3校の中学校の部活動として既にIchigoJamを導入済みだ。同社は、2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることを受け、教師向けの支援や、各地のワークショップに向けた学習教材、応用事例の紹介をより充実させることを目指している。

今回発表されたver1.3では、さくらインターネットのIoTプラットフォーム「sakura.io」を用いたデータのやり取りが、より簡単になる予定だ。従来のIchigoJamでは、sakura.ioモジュールの仕様を把握してプログラミングする必要があった通信処理を、Ver1.3ではコマンド一つで実行できる。

IchigoSoda

また、sakura.ioモジュールとIchigoJam BASICを接続しやすくするためのIchigoJam互換機「IchigoSoda」を使用することで、さらに簡単にIoTプログラミングを体験/利用できる。

B Inc.とさくらインターネットは、IoTやAI、ビッグデータを活用したデータ事業での業務提携を2018年6月に発表しており、IchigoJam BASIC ver1.3発売はその一環となる。

IchigoJam BASICの最新版へのバージョンアップは公式サイトからファームウェアをダウンロードするか、PCNの有償バージョンアップサービスで実行可能だ。

なお、Ichigo Jam本体は1500円(税抜)で購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る