新しいものづくりがわかるメディア

RSS


sakura.ioを利用した通信用コマンドを搭載——プログラミング学習向けOS「IchigoJam BASIC」Ver1.3リリース

B Inc.は、プログラミング教育用の子供パソコン「Ichigo Jam」に搭載されるBASICベースのOS「IchigoJam BASIC」ver1.3をリリースした。

「IchigoJam」はプログラミング入門用ワンボードマイコン。ビデオケーブルでテレビに接続し、PS/2キーボードを差し込み、microUSBを電源として繋ぐだけで、プログラミングの学習を始められる。

IchigoJamが生まれた福井県鯖江市では、全12校の小学校のクラブ活動と、全3校の中学校の部活動として既にIchigoJamを導入済みだ。同社は、2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることを受け、教師向けの支援や、各地のワークショップに向けた学習教材、応用事例の紹介をより充実させることを目指している。

今回発表されたver1.3では、さくらインターネットのIoTプラットフォーム「sakura.io」を用いたデータのやり取りが、より簡単になる予定だ。従来のIchigoJamでは、sakura.ioモジュールの仕様を把握してプログラミングする必要があった通信処理を、Ver1.3ではコマンド一つで実行できる。

IchigoSoda

また、sakura.ioモジュールとIchigoJam BASICを接続しやすくするためのIchigoJam互換機「IchigoSoda」を使用することで、さらに簡単にIoTプログラミングを体験/利用できる。

B Inc.とさくらインターネットは、IoTやAI、ビッグデータを活用したデータ事業での業務提携を2018年6月に発表しており、IchigoJam BASIC ver1.3発売はその一環となる。

IchigoJam BASICの最新版へのバージョンアップは公式サイトからファームウェアをダウンロードするか、PCNの有償バージョンアップサービスで実行可能だ。

なお、Ichigo Jam本体は1500円(税抜)で購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る