新しいものづくりがわかるメディア

RSS


組み立てて飛ばせる小型木製ドローンキット「Aerowood」

ウッドパーツで組み立てる小型ホビードローンキット「Aerowood」がIndiegogoに登場し、すでに目標額を上回る人気を集めている。

photo

Aerowoodは、機体やコントローラーにウッドパーツを使った小型ドローン。重さ79gと軽量で、720Pハイビジョンカメラ、ワンキーリターン、安定したホバリングと、初心者にも使い易いモデルだ。

photo

組み立ては簡単で、木製ボードからパーツを取り出し、機体とコントローラーをそれぞれ組み立てるだけ。溝が切ってあるので、パーツ同士をかみ合わせればよく、接着剤や釘は不要だ。フレームに色を塗れば、自分だけのオリジナルドローンが完成する。

photo

機体のフレームは4種類(NINJIA、TAIJI、SOPHON、CUBEE)用意している。1回の充電で10分間飛行可能。安全のために、飛行距離と高さを設定できる。機体が信号を喪失した場合は、自動的に出発地点に戻ってくる。

photo

グラフィカルプログラミングに対応したプログラミングモジュールも用意。子どもでもコーディングが容易で、STEAM教育にも役立てることができる。

photo

早割価格は送料込みで、好きなフレーム1点を選ぶAerowood Kitが79ドル(約8600円)、フレーム4種類とカメラモジュールなどをセットにしたAerowood Super Comboが169ドル(約1万8000円)。出荷は早いもので2019年2月の予定だ。

photo

Aerowoodは、2019年2月下旬までクラウドファンディングを実施中。2月5日時点で、5000ドル(約54万7000円)の目標額を上回る約1万7000ドル(約187万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る