新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GROOVE X、家族型ロボット「LOVOT」の製品開発にストラタシスの3Dプリンティングソリューションを活用

ストラタシス・ジャパンは、ロボットベンチャーGROOVE Xがストラタシスの3Dプリンティングソリューションを活用し、家族型ロボット「LOVOT(ラボット)」の製品開発を効率化させたという活用事例動画を公開した。

photo

GROOVE Xはこれまでホビー向け3Dプリンターを使用して試作を行っていたが、造形の失敗が多発。量産開始期限を前に検証が十分に行えないなど大きな課題となっていたという。そこで検討の結果、工業プラスチックでの造形に対応したFDM方式3Dプリンター「F370」の導入を決定。これにより、造形ミスによる時間ロスが解消され、さらに接着などの後工程でも最終製品と同様に扱うことができるABS樹脂による試作もできるようになった。

photo

GROOVE Xでは、LOVOT向けの専用のアクセサリーパーツの開発も行っている。通常、アクセサリーパーツは金型から設計する必要があるが、今回ストラタシスのオンデマンドAMパーツ造形サービス(SDFP)を通じてフルカラー&マルチマテリアル3Dプリンター「J750」を利用し、メガネの試作品を作製。アイテムの検証に活用した。

photo

公開された動画でGROOVE Xのプロダクトデザイン担当者は、「リードタイムが長いと試作品が出来上がった時点ではすでにそのパーツを使わなくなっているケースもある。試作を繰り返しながら、よりよい製品を開発していくアジャイル開発の手法には、3Dプリンターは非常に相性が良い」と語っている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  2. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始
  3. スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」
  4. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  5. 耳をふさがない完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」がGREEN FUNDINGで支援額1億円超え
  6. 4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」
  7. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. 室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功
  10. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る