新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GROOVE X、家族型ロボット「LOVOT」の製品開発にストラタシスの3Dプリンティングソリューションを活用

ストラタシス・ジャパンは、ロボットベンチャーGROOVE Xがストラタシスの3Dプリンティングソリューションを活用し、家族型ロボット「LOVOT(ラボット)」の製品開発を効率化させたという活用事例動画を公開した。

photo

GROOVE Xはこれまでホビー向け3Dプリンターを使用して試作を行っていたが、造形の失敗が多発。量産開始期限を前に検証が十分に行えないなど大きな課題となっていたという。そこで検討の結果、工業プラスチックでの造形に対応したFDM方式3Dプリンター「F370」の導入を決定。これにより、造形ミスによる時間ロスが解消され、さらに接着などの後工程でも最終製品と同様に扱うことができるABS樹脂による試作もできるようになった。

photo

GROOVE Xでは、LOVOT向けの専用のアクセサリーパーツの開発も行っている。通常、アクセサリーパーツは金型から設計する必要があるが、今回ストラタシスのオンデマンドAMパーツ造形サービス(SDFP)を通じてフルカラー&マルチマテリアル3Dプリンター「J750」を利用し、メガネの試作品を作製。アイテムの検証に活用した。

photo

公開された動画でGROOVE Xのプロダクトデザイン担当者は、「リードタイムが長いと試作品が出来上がった時点ではすでにそのパーツを使わなくなっているケースもある。試作を繰り返しながら、よりよい製品を開発していくアジャイル開発の手法には、3Dプリンターは非常に相性が良い」と語っている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る