新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりワークショップイベント「ワークショップコレクションin福岡2019」、3月9~10日に開催

子どもたちが遊びを通じ、ものづくりの素晴らしさを理解したりアイデア、発想につながるワークショップが集結するイベント「ワークショップコレクションin福岡2019」が、2019年3月9日、10日の2日間、福岡市西区の九州大学伊都キャンパスで開催される。

photo

ワークショップコレクションは、東京、大阪、仙台などでも開催されており、最大10万人の来場実績がある国内最大級のワークショップイベントだ。福岡では今回で4回目の開催となり、過去最大の24企業、9学校、9団体/個人が、59のワークショップを出展する。また、今回は特別企画として、九州大学の教授陣による「小学生向け九州大学特別授業」も開かれる。

photo

企業からは、オリジナルエコバックの作成や、端材を使ったロボットの組み立て、Raspberry Piを使ったゲームプログラミング体験など、学校からは、オシロスコープを使った声の観察や結晶づくり実験などの出展が予定されている。

photo

また、個人/団体からは、水蒸気で走るポンポン船づくりやビスケットを使ったアニメーション作成など、さまざまなワークショップが出展される。

小学生向け九州大学特別授業は、南極の自然をテーマにしたものや、憲法について平易な解説、また、光や水素などから生み出される次世代エネルギーに関するものなど、10名の九州大学教授陣による講演が予定されている。

対象は未就学児から小学生で入場は無料。2日間合計の目標来場者数は3万人だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る