新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりワークショップイベント「ワークショップコレクションin福岡2019」、3月9~10日に開催

子どもたちが遊びを通じ、ものづくりの素晴らしさを理解したりアイデア、発想につながるワークショップが集結するイベント「ワークショップコレクションin福岡2019」が、2019年3月9日、10日の2日間、福岡市西区の九州大学伊都キャンパスで開催される。

photo

ワークショップコレクションは、東京、大阪、仙台などでも開催されており、最大10万人の来場実績がある国内最大級のワークショップイベントだ。福岡では今回で4回目の開催となり、過去最大の24企業、9学校、9団体/個人が、59のワークショップを出展する。また、今回は特別企画として、九州大学の教授陣による「小学生向け九州大学特別授業」も開かれる。

photo

企業からは、オリジナルエコバックの作成や、端材を使ったロボットの組み立て、Raspberry Piを使ったゲームプログラミング体験など、学校からは、オシロスコープを使った声の観察や結晶づくり実験などの出展が予定されている。

photo

また、個人/団体からは、水蒸気で走るポンポン船づくりやビスケットを使ったアニメーション作成など、さまざまなワークショップが出展される。

小学生向け九州大学特別授業は、南極の自然をテーマにしたものや、憲法について平易な解説、また、光や水素などから生み出される次世代エネルギーに関するものなど、10名の九州大学教授陣による講演が予定されている。

対象は未就学児から小学生で入場は無料。2日間合計の目標来場者数は3万人だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  8. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  9. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  10. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る