新しいものづくりがわかるメディア

RSS


+Style、スマホでプログラミングできるスマートブロック「Cubroid」発売

+Styleは、センサーなどを内蔵した、プログラミングができるブロック玩具「Cubroid」の販売を開始した。

Cubroidは、STEAM教育に利用されているスマートブロックで、遊びながらプログラミングの基礎を直感的に学べる。2017年9月には、Kickstarterにてクラウドファンディングを開始。最終的に8万6000ドル(約960万円)以上を集めている。

LEGOと互換性があり、モーターやLED、スピーカー、近接/照度センサー、タッチボタンなどを搭載。ロボットや動物、乗り物などを作り出し、遊びながらプログラミング的思考を育む。

プログラミングの学習状況に合わせて、スマートフォンのドラッグアンドドロップ操作から、ブロックを有機的に組み合わせるタブレット操作、PC上でのScratch(プログラミング言語)による開発まで、複数のコーディング方法を用意。学習状況を問わずプログラミングを学べる。

+Styleでの販売価格は3万6000円(税込)で、内容物は以下の通りとなる。

マスターブロック×1
LEDブロック×1
DCモーターブロック×2
近接センサーブロック×1
サウンドブロック×1
ライト&タッチセンサー×1
ビルディングブロック(ピラミッド)×6
ビルディングブロック(キューブ)×30
コネクターブロック×50
ホイール×2
サーブホイールブロック×2
片側コネクターブロック×6
両側コネクターブロック×8
USBケーブル×1

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る