新しいものづくりがわかるメディア

RSS


144Labとセンスウェイ、「SenseWay Mission Connect」を基盤とした協業を開始

LoRaWANスターターキット

144LabとセンスウェイはIoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」を基盤とした、新製品開発/販売に向けた協業を開始した。

SenseWay Mission Connect サービス概要

Senseway Mission Connectは、Webページで登録するだけでLoRaWAN通信サービスを利用できる。管理画面から接続したIoTデバイスの管理も可能だ。初期費用も不要で、1デバイスあたり月額30円から利用できる。

両社は技術を結集し、LPWA通信が利用できるデバイスおよびサービスを提供予定だ。法人/個人向け問わずLoRaWANを使用したIoT関連サービスを開発し、両社のチャネルで拡販する。

​LoRaWAN Shield for Arduino 

また協業の一環として、スイッチサイエンスにおいて、Arduino/センサーデバイスを組み合わせたLoRaWANスターターキットをはじめとした、IoTサービス開発用のデバイスと通信サービスの販売を既に展開している。

LoRaWAN Shield for Arduinoセット

今後両社は、さまざまな分野で応用可能な評価キットやセンサーの製品ラインナップを充実させ、LoRaWANを活用したIoTサービスの適用範囲の幅を広げる。 さらに事例として、より多くの法人が利用できる製品を開発し、実用的なソリューション展開とIoT普及の加速化を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る