新しいものづくりがわかるメディア

RSS


木材由来のセルロースを利用して、IoTワイヤレスセンサーを開発

カナダのサイモンフレーザー大学は、スイス連邦材料試験研究所と協力して、木材由来のセルロースを利用し、環境に優しい3Dプリント可能なIoT向けワイヤレスセンサーを開発した。生体適合性のある柔軟な材料を使用することで、バイオメディカルや環境センシングなど、低価格で使い捨て可能なデバイスへの利用が期待される。研究結果は2018年12月19日付けの『Advanced Electronic Materials』に掲載されている。

従来のようにシリコンベースのアンプ、バッテリー、コンバーターなどを使ったワイヤレスセンサーは曲げにくいため、柔らかく使い捨て可能なセンサーを低価格で作製するのは困難である。また、基板からの廃棄物は環境汚染の原因ともなる。

研究チームは、定量的なイオン濃度を選択的に測定できるワイヤレスセンサーを3Dプリンティングで作製した。フィルム基板に、セルロースファイバーと銀のナノワイヤを混ぜた導電性インクで、イオン選択性膜電極と回路をプリントしている。

「我々の開発したセルロースセンサーは、環境汚染を心配することなく破棄することができる」と研究チームは語る。また、基板に使われるプラスチックをセルロース複合材料に変えることができれば、基板上の金属の再利用もずっと簡単になるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る