新しいものづくりがわかるメディア

RSS


木材由来のセルロースを利用して、IoTワイヤレスセンサーを開発

カナダのサイモンフレーザー大学は、スイス連邦材料試験研究所と協力して、木材由来のセルロースを利用し、環境に優しい3Dプリント可能なIoT向けワイヤレスセンサーを開発した。生体適合性のある柔軟な材料を使用することで、バイオメディカルや環境センシングなど、低価格で使い捨て可能なデバイスへの利用が期待される。研究結果は2018年12月19日付けの『Advanced Electronic Materials』に掲載されている。

従来のようにシリコンベースのアンプ、バッテリー、コンバーターなどを使ったワイヤレスセンサーは曲げにくいため、柔らかく使い捨て可能なセンサーを低価格で作製するのは困難である。また、基板からの廃棄物は環境汚染の原因ともなる。

研究チームは、定量的なイオン濃度を選択的に測定できるワイヤレスセンサーを3Dプリンティングで作製した。フィルム基板に、セルロースファイバーと銀のナノワイヤを混ぜた導電性インクで、イオン選択性膜電極と回路をプリントしている。

「我々の開発したセルロースセンサーは、環境汚染を心配することなく破棄することができる」と研究チームは語る。また、基板に使われるプラスチックをセルロース複合材料に変えることができれば、基板上の金属の再利用もずっと簡単になるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る