新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1U Tileのモジュラーシンセサイザーシステム「EuroTile」

1U Tileサイズのモジュールを使うシンセサイザーシステム「EuroTile」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

EuroTileは、ユーロラックHP準拠のケースに、深さ30mmまでの1U Tileが最大12個(3U×24HP)収納できるシンセサイザーシステムだ。1U Tileのサイズは、縦1.7インチ(1U)×横6HP(1HP=0.2インチ)で、幅6HPのシングルタイルか幅12HPのダブルタイルが一般的だ。

photo

EuroTileのケースは、硬質繊維板の一種メゾナイトを加工、表面をアクリルで覆い、エナメルで仕上げている。各モジュール用の電源ヘッダーは各1U Tileの下に配置し、モジュールへFutaba Jコネクターで直接接続できる。電源は2.1mmDCコネクターで、付属のノートパソコン用アダプターまたは16~30VDC2A以上のアダプターが使える。

photo

本体サイズは140×145×70mm、重さはフル搭載で500g。パッシブ換気を確保し、落下したネジを取るためのホール、演奏中に動かないようラバー製の脚、粉体塗装したレールには付属のM3ネジ用の穴を備える。

photo

システム設定は2タイプから選択でき、アナログモノフォニックシンセサイザー設定は、のこぎり歯VCO、VCF、VCA、エンベロープジェネレーター、LFO×2、CVミキサー、サンプル・アンド・ホールド/ノイズジェネレーター、バッファーマルチプル(シグナルクローン)、CVシフト/スケールに対応。

photo

モジュラーユーティリティ設定はクロックジェネレーター、クロックディバイダー、クロックマルティプライアー、トリガー(ゲート・アンド・トリガージェネレーター)、LFO、CVミキサー、サンプル・アンド・ホールド/ノイズジェネレーター、バッファーマルチプル(シグナルクローン)、CVシフト/スケール、ペダルインターフェースに対応する。

photo

EuroTileの予定小売価格は1000カナダドル(約8万2000円)で、今なら数量限定の早割価格666カナダドル(約5万4600円)で入手できる。モジュールを10個搭載し、パッチケーブル12本、電源アダプター/ケーブルが付属する。キャンペーン終了後、システム設定やカラーオプション、電源ケーブルタイプの選択ができる。2019年7月の出荷を予定しており、日本への送料は30カナダドル(約2460円)だ。

photo

EuroTileは、2019年4月17日までクラウドファンディングを実施中。4月2日時点で、5999カナダドル(約50万円)の目標額に対して約4100カナダドル(約34万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る