新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1U Tileのモジュラーシンセサイザーシステム「EuroTile」

1U Tileサイズのモジュールを使うシンセサイザーシステム「EuroTile」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

EuroTileは、ユーロラックHP準拠のケースに、深さ30mmまでの1U Tileが最大12個(3U×24HP)収納できるシンセサイザーシステムだ。1U Tileのサイズは、縦1.7インチ(1U)×横6HP(1HP=0.2インチ)で、幅6HPのシングルタイルか幅12HPのダブルタイルが一般的だ。

photo

EuroTileのケースは、硬質繊維板の一種メゾナイトを加工、表面をアクリルで覆い、エナメルで仕上げている。各モジュール用の電源ヘッダーは各1U Tileの下に配置し、モジュールへFutaba Jコネクターで直接接続できる。電源は2.1mmDCコネクターで、付属のノートパソコン用アダプターまたは16~30VDC2A以上のアダプターが使える。

photo

本体サイズは140×145×70mm、重さはフル搭載で500g。パッシブ換気を確保し、落下したネジを取るためのホール、演奏中に動かないようラバー製の脚、粉体塗装したレールには付属のM3ネジ用の穴を備える。

photo

システム設定は2タイプから選択でき、アナログモノフォニックシンセサイザー設定は、のこぎり歯VCO、VCF、VCA、エンベロープジェネレーター、LFO×2、CVミキサー、サンプル・アンド・ホールド/ノイズジェネレーター、バッファーマルチプル(シグナルクローン)、CVシフト/スケールに対応。

photo

モジュラーユーティリティ設定はクロックジェネレーター、クロックディバイダー、クロックマルティプライアー、トリガー(ゲート・アンド・トリガージェネレーター)、LFO、CVミキサー、サンプル・アンド・ホールド/ノイズジェネレーター、バッファーマルチプル(シグナルクローン)、CVシフト/スケール、ペダルインターフェースに対応する。

photo

EuroTileの予定小売価格は1000カナダドル(約8万2000円)で、今なら数量限定の早割価格666カナダドル(約5万4600円)で入手できる。モジュールを10個搭載し、パッチケーブル12本、電源アダプター/ケーブルが付属する。キャンペーン終了後、システム設定やカラーオプション、電源ケーブルタイプの選択ができる。2019年7月の出荷を予定しており、日本への送料は30カナダドル(約2460円)だ。

photo

EuroTileは、2019年4月17日までクラウドファンディングを実施中。4月2日時点で、5999カナダドル(約50万円)の目標額に対して約4100カナダドル(約34万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  2. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  3. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  4. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊
  5. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  6. イグアス、XYZプリンティングジャパンのSLA方式3Dプリンター「PartPro150 xP」を発売
  7. スマートボールでピッチング練習——球速や回転数を計測する軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」
  8. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  9. どこでも仕事に集中できる個室空間を——持ち運び可能なパーティション「SEREN desk」
  10. リアルな人型ロボット「Android Robo-C」の大量生産を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る