新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeeeみまもり電池」を発売

ノバルスは、乾電池型IoTデバイス「MaBeee」を使って遠隔地に居住する高齢者などの見守りができる「MaBeeeみまもり電池」を、ビックカメラで販売する。

photo

MaBeeeみまもり電池は、テレビリモコンなどの単三電池を使用した製品に装着して電流、電圧を検出し、それをクラウド上に通知して共有できるようにするIoTデバイスだ。通常の生活で使用する製品に装着して使用できるため、従来の見守り製品と比較して見守られる側のストレスも少なくて済むとしている。

photo
photo

MaBeeeみまもり電池で収集したデータは、Bluetoothを介してスマートフォンからクラウド上にデータが送られる。見守る側は、スマートフォンアプリ「スマート電池」によって、MaBeeeみまもり電池を装着した製品の利用状況などが簡単に確認できる。スマート電池アプリは、今回協業によってIoTBASEが開発したもの。今後はアラート機能などを追加していく予定だ。

価格は、MaBeeeみまもり電池が1個2980円、スマート電池アプリが1カ月500円(いずれも税別)となる。

ノバルスでは同時に、MaBeeeで取得した情報をクラウド上で運用/管理できる法人向けクラウドサービス「MaBeeeプラットフォーム」を提供する。IoTBASEを始めとする他社と協業することで、電池の出力コントロールやモニタリング、ビーコン発信などのMaBeee独自で提供できる情報を活用したサービスを実現していく。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る