新しいものづくりがわかるメディア

RSS


名古屋発イノベーター育成、ビジネス創出プログラム「NAGOYA BOOST 10000 2019」がスタート

多様な人材をイノベーターとして育成し、新事業を生み出すエコシステム構築を目指す名古屋発のイベント「NAGOYA BOOST 10000 2019」がスタートした。

photo

NAGOYA BOOST 10000は、起業や事業創造に挑戦する機運を醸成してイノベーターを育成し、新事業を生み出すエコシステムの構築を目指すイベントで、名古屋市が主催し、JellyWareが運営業務を担当している。首都圏ICT企業と地元企業との共創を促し、ビジネス創出を目指す「NAGOYA HACKATHON(ナゴヤハッカソン)」、AI・IoT分野の若手人材の育成を目的とした「AI・IoT人材BOOSTプログラム」、そこから生まれた成果をプレゼンテーションする「NAGOYA BOOST DAY(ナゴヤブーストデイ)」の3つの事業で構成される。

今年は、「NAGOYA HACKATHON ZERO」「AI・IoT人材BOOSTプログラム ZERO」「NAGOYA BOOST DAY SUMMER」を追加し、第1弾としてNAGOYA HACKATHON(ナゴヤハッカソン)とNAGOYA HACKATHON ZEROの参加者を募集している。募集期間は、NAGOYA HACKATHONが2019年6月3日~7月5日、NAGOYA HACKATHON ZEROが2019年6月3日~17日となっている。

photo

全体スケジュールは、2019年6月21日にNAGOYA BOOST 10000の事業説明会、6月22~23日にNAGOYA HACKATHON ZERO、7月13~14日にNAGOYA HACKATHON、8月7日にNAGOYA BOOST DAY SUMMER、8月24、25、31日、9月1日にAI・IoT人材BOOSTプログラム ZERO、9月中旬頃~2020年2月にAI・IoT人材BOOSTプログラム(全15回)、2020年2月中旬頃にNAGOYA BOOST DAY FINALを予定する。

NAGOYA HACKATHON ZEROの内容は、1日目はRaspberryPi、Python、GPIO制御、PWMなどの学習、2日目はMarkdownの使い方やPythonによるアプリケーション作成方法などを学習し、これまで学んだ技術やツールを使った自主研究、講師とマンツーマンでの技術相談、各個人の成果発表となっている。

NAGOYA HACKATHONの対象者は法人に所属または個人のクリエイター、エンジニア、デザイナー、プランナーなど50人程度。NAGOYA HACKATHON ZEROの対象者は20人程度で、ハッカソン参加者を優先する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  7. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  8. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る