新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラップトップPCにもロボットコントローラーにも——Raspberry Pi 4内蔵コンピューティングモジュール「pi-top [4]」

Raspberry Pi 4ベースのコンピューティングモジュール「pi-top [4]」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

pi-top [4]は、Raspberry PiベースのラップトップPCキット「pi-top」の最新モデル。今回は見た目も大きく変わり、バッテリー内蔵で汎用性の高い小型モジュールとなって登場した。

photo

大きさ131.9×99.4×34mm、重さ0.51kgの筐体には、OLEDミニスクリーン、4つのプログラマブルボタン、内蔵バッテリーなどを搭載。OSにはpi-top OS SIRIUSを採用しているが、Raspberry Pi 4が実行できるそのほかのOSにも対応する。プログラマブルセンサー、LED、コネクターなど14個の電子部品も付属している。

photo

ローバーを駆動させたり、プロペラを組み合わせてドローンとして飛行したり、オーディオデバイスとして使ったりと様々な用途に利用できる。年齢に関係なくユーザーの目的に合わせて、設計、コーディング、組み立てが可能なエコシステムとなっている。

photo

また、専用アクセサリーもいくつか用意している。Bluetoothキーボードと11.6インチフルHDタッチスクリーンに接続すれば、LinuxノートPCとして使用可能だ。アドバンストビークルキット(AVK)を使えば、多機能のローバーや声に反応するロボットペットも作れる。

photo

早割価格は基本セットが199ドル(約2万1000円)。キーボード&スクリーンセットまたはAVKセットがそれぞれ349ドル(約3万8000円)。出荷は2019年11月の予定で、日本への送料は別途請求される。

pi-top [4]は、2019年8月8日までクラウドファンディングを実施中。8月1日時点で、10万ドル(約1090万円)の目標額を上回る約19万ドル(約2070万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る