新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

プログラマー/エンジニア向けのカンニングペーパー「ANCHOCO」がKickstarterに登場し、出資を募っている。東京発のプロジェクトだ。

photo

ANCHOCO(あんちょこ)は、プログラマー/エンジニア向けのカンニングペーパー。ASCIIコード表や2/10/16進数の変換テーブルなどをすぐに調べられるよう、1枚のカードにまとめたものだ。

photo

すべての情報は、PCBにシルクスクリーンで印字されている。内容は開発チームの実体験に基づき選ばれており、頻繁には使わないが、使う際にはいつも調べてしまうような情報をまとめたという。机やノートPCの近くなど、いつもでも参照できる場所に置くことで開発時間を有効に使うことができるとしている。

photo

表面には0~40のASCIIコード、0~Fの16進数/2進数変換表、ビット演算の例を、裏面には41~7EのASCIIコード、良く使う10進数/16進数の変換表が描かれている。

PCBの材質は「FR-4 TG130」で色はブラック。サイズは85.6×53.98×0.8mmだ。

ANCHOCOは、1枚を1100円、2枚を2000円で提供する。2019年9月の出荷を予定しており、国内の送料は無料だ。

ANCHOCOは、2019年8月21日までクラウドファンディングを実施中。8月15日時点で、3万円の目標額を超える約11万3000円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る