新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Intel、800万のニューロンからなる新しいAIシステムを開発

Credit: Tim Herman/Intel Corporation

Intelは2019年7月15日、人間の脳の動きを模倣したニューロモルフィックシステム「Pohoiki Beach(開発コード名)」を公開した。自動運転やスマートホーム、サイバーセキュリティといった分野において、リアルタイム、高効率、低消費電力のAI処理が可能になる。

Pohoiki Beachは、Intelが2017年に発表した第5世代自己学習式ニューロモルフィックリサーチチップ「Loihi」を64個搭載し、800万のニューロンで構成している。Loihiは、従来の畳み込みニューラルネットワーク(CNN:Convolutional Neural Network)と異なり、人間の神経細胞を巧みに模倣したスパイキングニューラルネットワーク(SNN:Spiking Neural Network)だ。128コア構成のLoihiチップは、用途によっては一般的なCPUより1000倍速く、1万倍効率的な処理が可能だという。また汎用GPU、専用IoTハードウェアと比べて、消費電力が格段に少ないのも特徴だ。

次世代AIには予想外の状況や曖昧な状況への対応が強く求められている。Intelは研究機関と協力して、歩行中の義肢の予期せぬ動きに対応したり、カメラの情報を使ってテーブルサッカーゲームを自動化したりと、新しいシステムの実用化に向けた取り組みを進めている。自動運転向けに、GPSを使わずに位置推定と地図作成を同時に行うSLAM(Simultaneous Localization And Mapping)技術にも応用できる。

2019年後半には、Pohoiki Beachをベースに1億個のニューロンからなる「Pohoiki Springs」を発表予定。最高レベルの性能と効率をもたらし、ニューロモルフィック技術の商業化への道を切り開くだろうとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る