新しいものづくりがわかるメディア

RSS


人工知能の仕組みを解説——オーム社、「基礎から学ぶ 人工知能の教科書」発刊

オーム社は、「基礎から学ぶ 人工知能の教科書」を発刊した。

本書は、人工知能の仕組みを一から丁寧に解説する入門書だ。読者層として、初級プログラマー/ソフトウェアの初級開発者や、情報系学部/学科の学生などを想定。「人工知能とはなにか」という定義から始まり、機械学習や画像処理といったさまざまな技術の仕組みを、できるだけ数式を使わずに平易に説明する。

全12章構成。冒頭の章で人工知能の概要と研究の歴史について説明した後、第3章「学習」以降でk近傍法/決定木などの機械学習や、階層型ニューラルネットワークなどのニューラルネットワーク、深層学習などについて説明していく。

また第11章「人工知能とゲーム」では、チェス/チェッカーや、囲碁/将棋といったゲーム研究における人工知能研究の歴史について、DeepBlue/AlphaGoなどのソフトについて触れつつ解説する。

各章の最後にはPythonを使った演習を設けているほか、特典として本書で使用するサンプルコードを同社Webサイトからダウンロード可能だ。

著者は小高知宏氏。A5判288ページで、価格は2700円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る