新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワンタッチで開閉できてスマホより軽い——カラフルな折り畳み傘「VERYKAL」

カーボンファイバー製のフレームを使い、軽く丈夫な折り畳み傘「VERYKAL」がKickstarterに登場し、出資を募っている。名古屋発のプロジェクトだ。

photo

VERYKALは、コンパクトかつ持ち運びの負担にならない軽量さながら耐久性も高く、ボタンを押すだけで開閉できる折り畳み傘。秒速12mの強風によるテストでも折れず、防水効果を持続するナノコーティングで水切れも早い。

photo

重さは一般的な折り畳み傘の約半分の162gとバナナ1本程度の軽さ。折り畳むと260×35mmとコンパクトなためバッグに入れて持ち運びできる。手元のボタンのワンタッチで自動開閉する機能を備えている。

photo

布地にはナノレベルの防水コーティング「Easy-Dry」が施され、 ナノ成分が繊維に入り込み効果が持続する。メインフレームには、軽量で丈夫なカーボンファイバーを使用している。

photo

開いた時のサイズは幅970×長さ530mm。カラーは、ブラック、マリンブルー、チェリーピンク、ミッドナイトブルー、カシスグレープ、アイスブルー、カーキ、ネイビー、ザクロ、ミントブルーの10色から選べる。

photo

VERYKALは、Kickstarterでの価格が4000円。今なら数量限定の早割価格3500円で入手できる色もある。2019年12月の出荷を予定しており、国内の送料は800円だ。

VERYKALは、2019年10月31日までクラウドファンディングを実施中。10月24日時点で、100万円の目標額に対して約291万円を集めて、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る