新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワンタッチで開閉できてスマホより軽い——カラフルな折り畳み傘「VERYKAL」

カーボンファイバー製のフレームを使い、軽く丈夫な折り畳み傘「VERYKAL」がKickstarterに登場し、出資を募っている。名古屋発のプロジェクトだ。

photo

VERYKALは、コンパクトかつ持ち運びの負担にならない軽量さながら耐久性も高く、ボタンを押すだけで開閉できる折り畳み傘。秒速12mの強風によるテストでも折れず、防水効果を持続するナノコーティングで水切れも早い。

photo

重さは一般的な折り畳み傘の約半分の162gとバナナ1本程度の軽さ。折り畳むと260×35mmとコンパクトなためバッグに入れて持ち運びできる。手元のボタンのワンタッチで自動開閉する機能を備えている。

photo

布地にはナノレベルの防水コーティング「Easy-Dry」が施され、 ナノ成分が繊維に入り込み効果が持続する。メインフレームには、軽量で丈夫なカーボンファイバーを使用している。

photo

開いた時のサイズは幅970×長さ530mm。カラーは、ブラック、マリンブルー、チェリーピンク、ミッドナイトブルー、カシスグレープ、アイスブルー、カーキ、ネイビー、ザクロ、ミントブルーの10色から選べる。

photo

VERYKALは、Kickstarterでの価格が4000円。今なら数量限定の早割価格3500円で入手できる色もある。2019年12月の出荷を予定しており、国内の送料は800円だ。

VERYKALは、2019年10月31日までクラウドファンディングを実施中。10月24日時点で、100万円の目標額に対して約291万円を集めて、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  5. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  6. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  7. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  8. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  9. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始
  10. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る