新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワンタッチで開閉できてスマホより軽い——カラフルな折り畳み傘「VERYKAL」

カーボンファイバー製のフレームを使い、軽く丈夫な折り畳み傘「VERYKAL」がKickstarterに登場し、出資を募っている。名古屋発のプロジェクトだ。

photo

VERYKALは、コンパクトかつ持ち運びの負担にならない軽量さながら耐久性も高く、ボタンを押すだけで開閉できる折り畳み傘。秒速12mの強風によるテストでも折れず、防水効果を持続するナノコーティングで水切れも早い。

photo

重さは一般的な折り畳み傘の約半分の162gとバナナ1本程度の軽さ。折り畳むと260×35mmとコンパクトなためバッグに入れて持ち運びできる。手元のボタンのワンタッチで自動開閉する機能を備えている。

photo

布地にはナノレベルの防水コーティング「Easy-Dry」が施され、 ナノ成分が繊維に入り込み効果が持続する。メインフレームには、軽量で丈夫なカーボンファイバーを使用している。

photo

開いた時のサイズは幅970×長さ530mm。カラーは、ブラック、マリンブルー、チェリーピンク、ミッドナイトブルー、カシスグレープ、アイスブルー、カーキ、ネイビー、ザクロ、ミントブルーの10色から選べる。

photo

VERYKALは、Kickstarterでの価格が4000円。今なら数量限定の早割価格3500円で入手できる色もある。2019年12月の出荷を予定しており、国内の送料は800円だ。

VERYKALは、2019年10月31日までクラウドファンディングを実施中。10月24日時点で、100万円の目標額に対して約291万円を集めて、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る