新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ティ・アール・エイ、cheeroブランドから小型FFF方式3Dプリンター「cheero3D pro」発売

モバイルバッテリーなどのcheeroブランドを展開するティ・アール・エイが、小型FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「cheero3D pro」を発売した。

photo

同社が、自社内での使用によって精度と信頼性を確認できた3Dプリンターを組み立て済の状態で提供するものが、今回発売したcheero3D proだ。

photo

Cheero3D proは、高精度アルミニウム素材を使い、熟練スタッフによって組み上げた状態で提供されるので、組み立ての手間や不安はない。世界で数万台販売実績のある機種をベースに、日本独自の品質と仕様を加えて商品化したとしており、ベースとなっているのは、オープンソースの3Dプリンター「Creality 3D Ender-3」シリーズと思われる。

最大造形エリアは220×220×250mm、積層ピッチが100~400μm、造形速度は、毎秒30~60 mm(最大毎秒180 mm)、造形精度は±0.1mmだ。外形寸法が440×435×465 mm(ケーブル、フィラメントホルダー除く)で、重さは7.3 kgとなる。

photo

同時に植物由来成分で構成することで自然分解するエコ素材を使用したPLAフィラメントも発売。価格は、cheero3D proが4万4800円、PLAフィラメント1kg(白または黒)が2000円、同フィラメント10色セット(各色20m)が3000円(いずれも税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る