新しいものづくりがわかるメディア

RSS


赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発

IMAGE COURTESY OF PATRICK RONEY, ALIREZA SHAHSAFI AND MIKHAIL KATS

米ウィスコンシン大学マディソン校は、2019年12月18日、特定の温度で通常の熱放射現象を覆す新しいコーティング材料を開発したと発表した。研究成果は、2019年12月17日付で『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に掲載されている。

同校のMikhail Katz教授を中心とする研究チームが開発した超薄膜コーティングの材料は、ニッケル酸サマリウム(SmNiO3)だ。このコーティングを施した物体の温度に関わらず、コーティング薄膜は一定の温度の熱を発するという。

「固体において温度と熱発光が分離されたのは初めてのことです。私たちは、温度と熱放射との関連性を『壊す』コーティングを特定の方法で作り上げました」とKats教授は語る。

コーティングの放射率は実際に温度とともに低下して、その固有放射を打ち消す現象が起こるため、コーティング自体は温度に関係なく一定量の熱放射を発するという。現時点では、この現象が発生するのは105~135℃の範囲に限定されている。

研究チームは、ニッケル酸サマリウムを合成して詳細な材料特性化を行い、粒子を加速するシンクロトロンが放射する高輝度の光を用いてコーティングの原子レベルでの反応を観察したという。

研究室の実験では、サファイアをヒーターにつり下げ、コーティングの有無による違いを分析。サファイアの一部分をヒーターに当て、ヒーターに当たっていない部分は冷たい空気にさらされる状態で固定し、赤外線カメラでそれぞれのサファイアの温度勾配を観察した。その結果、コーティングされていないサファイアでは明らかに色の違いがあり温度勾配が見られたが、コーティングされたサファイアの熱画像はほぼ均一の色であったという。

さらに開発を進めれば、このコーティングは熱伝導やカモフラージュに応用できるだけでなく、昨今、赤外線カメラが普及していることから、個人のプライバシー保護のための衣服にも応用できるだろうとKatz教授は語っている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る