新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」

イギリスの1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」がKickstarterに登場し、バッカ—を募っている。

Piksey Attoのクリエイターは、以前fabcrossで紹介したATmega328Pベースの超小型マイコン「Piksey」を開発した英BitsNBlobs Electronicsだ。Pikseyのクラウドファンディングは目標額を達成しなかったが、その直後にプロセッサーをATmega328PBに変更しI/Oを強化した「Piksey Pico」および「Piksey Nano」のキャンペーンを実施し成功している。

Piksey Atto

Piksey Attoは、Piksey Picoの流れをくむ超小型マイコン。旧モデルとの大きな違いは、プロセッサーにATmega32U4(16MHz、32KBフラッシュメモリ、2.5KB SRAM)を採用している点だ。ATmega32U4はArduino LeonardoやArduino Microにも搭載されており、Piksey Attoは既存のスケッチと互換性がある。

Piksey Atto

Piksey Attoはmicro USBポートを搭載しておりUSBデバイスとして認識されるので、キーボードなどのヒューマンインターフェースデバイスとして使用できる。大きさも、Piksey Picoの20.32×20.32mmから20.32×12.70mmへとさらに小型化している。直径約23mmの1ポンド硬貨より小さく、重さはわずか1.3gだ。

Piksey Attoは、デジタル入出力×11、アナログ入力×4、PWM×4を備えている。端面スルーホールにヘッダーピンを取り付ければ、ブレッドボードやユニバーサル基板にそのままマウントして外部デバイスとのワイヤリングもできる。

Piksey Atto

Piksey Attoのキャンペーン価格は、7ポンド(約1000円)。出荷は2020年6月の予定で、日本への送料は5ポンド(約700円)だ。

Piksey Attoは7000ポンド(約100万円)を目標に、2020年2月10日までクラウドファンディングを実施。2020年1月23日時点で、約6900ポンド(約99万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る