新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インタラクティブに遊べる3×3スマートキューブパズル「SUPERCUBE i3SE」

FOXは、モーションセンサーとMCU(Micro Controller Unit)を内蔵した3×3キューブパズル「SUPERCUBE i3SE」を、2020年1月31日に発売した。

photo

SUPERCUBE i3SEは、スマートフォンやタブレットの専用アプリとBluetoothで同期することで、プレーヤーの動きをリアルタイムで記録してトラックし、各面の状態などをアプリへ反映して、インタラクティブに楽しめるのが最大の特徴だ。

photo

アプリには、初心者でも1からキューブパズルのロジックを学べるチュートリアル、各面の色を揃えるまでの時間を競うタイムアタックなど3×3の立方体の54マスを駆使したゲームモード、アプリ上でマッチングして指定の対戦ルールに従い世界中のユーザーと対戦する対戦モードが搭載されている。

photo

充電は、SUPERCUBE i3SE本体側面から付属のケーブルとヘッドホンのような専用アダプターで行い、付属の専用スタンドはスマートフォンのスタンドにもなる。

SUPERCUBE i3SE の本体寸法は57×57×57mm、重量は102g、接続はBluetooth4.0。バッテリーは3.7Vリチウムイオン電池、連続使用時間は約30時間、充電時間は約60分。付属品はスタンド、充電器、USB充電ケーブル、取扱説明書、保証書。販売価格は5940円(税込)。 対応端末はAndroid 4.4とiOS 3.0 以降搭載のスマートフォンとなっている。

取扱いは、FOX STORE 阪急メンズ東京、FOX STORE HINKA RINKA 銀座、FOXオンラインストアなどだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る