新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開

イグアスは、新型コロナウイルスの影響による深刻なマスク不足を受け、自社で販売する3Dプリンターを活用した繰り返し利用可能な3Dマスクを開発した。

photo

同社では、マスクの製作に適した素材が使用できることや、短時間で製作できることなどから、自社が販売する3Dプリンターの活用に着目。設計から製作まで一貫して社内で対応することで短期間での3Dマスクの開発に成功した。

photo

3Dマスクは、まず3Dスキャナーで人の顔をスキャンし、スキャンデータを元にして顔の輪郭に合わせて設計と試作を繰り返す。これによりフィット感のある最適な形状を実現できたという。

photo

素材には柔軟性と耐久性を持つナイロン粉末材料を使用。軽量で洗剤などによる洗浄もできるので繰り返し使用できる。内部には布やガーゼなどの取り替え可能な素材がセットできる構造だ。

2020年3月下旬から社内に試験的に配布。社員からのフィードバックによってさらに改良した後に本格展開を目指す。また、3Dマスクの普及のために、製作したマスクの設計データを無料で公開している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る