新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」

Raspberry Piを使ってフライトコントローラー「Pixhawk」を制御できる、アドオンボード「Cube Carrier board」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Cube Carrier boardは、マイコンや各種センサーを搭載したフライトコントローラー「Pixhawk」とRaspberry Piの接続をサポートするキャリアーボード。Raspberry Piにスタックでき、ドローンやラジコンカーなど向け自動操縦システムの構築が可能になる。

ボードはシリアル/I2C通信対応で、Raspberry Pi用電源、 7ピンのGPSコネクター、UAVCANコネクター、シリアルコネクター×2を搭載する。PixhawkとRaspberry Piを組み合わせることで、フラコンに加えマシンラーニング、ROSの組み込み、物体検知などの機能を利用できる。

Cube Carrier boardは、今なら数量限定の早割価格60ドル(約6500円)で入手できる。PixhawkとRaspberry Piは含まれない。2020年4月の出荷を予定しており、日本への送料は10ドル(約1080円)だ。

Cube Carrier boardは、2020年3月27日までクラウドファンディングを実施中。3月25日時点で、3800ドル(約41万円)の目標額に対して約750ドル(約8万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. プラスチックの射出成形技術を応用し、高純度石英ガラスを製造するプロセスを開発
  8. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  9. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る