新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メルティンMMI、アバターロボット実証実験機「MELTANT-β」を発表

アバターロボットなどの研究開発を手掛けるスタートアップ企業メルティンMMIは、遠隔地からの操作で作業を代替するアバターロボットの実証実験機「MELTANT-β」を発表した。

photo

MELTANT-βは、2018年3月に発表したコンセプトモデル「MELTANT-α」に対し、ハンドのパワーや動作の改善、防塵/防滴などのロバスト性向上、また、移動性能/操作性の改良を施した実証実験機だ。コンセプトモデルと同様のワイヤー駆動方式だが、現場での実用性が考慮され粉塵や火花の散る環境でのオペレーションや工具を用いた実際の作業が可能になった。

同社によると、危険作業や高温/低温環境、化学/生物/放射能汚染環境、宇宙でアバターロボットの活用を検討している企業、また政府関連機関などとの実証試験にMELTANT-βを活用していく。具体的なユースケースとして、建設現場での人手不足解消などを目的とした建設業界での事業連携が進んでいるという。

photo

同社では今後、実証実験の結果を踏まえた上で、不整地での移動能力や粉塵、汚水などへの対応、脆弱通信環境での対応などの同ロボットへの機能改善を施したり、費用対効果を高めることなどで実用化、量産化につなげていく計画だ。

遠隔から操作するアバターロボットは自動ロボットと違い、力が弱くなった高齢の熟練技能者でも作業に従事でき、後進の教育、育成にも役立つことや、複数の現場のアバターを切り替えて操作することで、複数の業務を1人の操作者で対応できるなどのメリットがある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る