新しいものづくりがわかるメディア

RSS


USB2.0対応の小型PICマイコンボード「Tesla Board」

USB2.0対応の小型PICマイコンボード「Tesla Board」がKickstarterに登場し、バッカーを募っている。

Tesla Boardは、ホビーやプロトタイピングなどに向いたPIC18F2550ベースのPICマイコンボード。USB2.0に対応しており、フルスピードでデータを転送できる。

Tesla Board

PIC18F2550は、フラッシュ32KB、SRAM 2KB、ADC×10、USB、UART/USART、SPI、I2Cおよびタイマー×4搭載のPIC。Tesla Boardのクロック周波数は48MHzだ。

Tesla BoardのピンアウトはArduino nanoと部分的に互換性があり、クリエイターはArduinoシールドの多くを使うことができるとしている。大きさは、Arduino nanoとほぼ同じ17.9×43.7mm。電源は、VINピンから供給できるほか、USBバスパワーやICSPからの供給も可能だ。

Tesla Board
Tesla Board

プログラミングは、MPLAB、Pinguino、MicroCode Studioなどの組み込みシステム用開発環境を使って行う。

Tesla Boardのキャンペーン価格は、本体とmicro USBケーブルがセットになったBasic Kitが500メキシコペソ(約2300円)で、本体3個にmicro USBケーブル、LCDディスプレイ、温度センサー、超音波センサーなどがセットになったAdvance Kitは5000メキシコペソ(約2万3000円)。出荷は2020年6月の予定で、日本への送料は600メキシコペソ(約2800円)だ。

Tesla Boardは10万メキシコペソ(約46万円)を目標に、2020年5月2日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る