新しいものづくりがわかるメディア

RSS


バイタリフィ、AI顔認証アプリを開発できるSDK「MAL Face Recognition」を提供開始

バイタリフィが、AIによる顔認証ソフトウェアの開発ができる開発キット「MAL Face Recognition」の提供を開始した。

photo

MAL Face Recognitionは、同社のAIアプリケーション開発サービス「Mobile AI Lab」上で提供するもので、事前に顔画像を登録し、新たに入力された顔画像が登録済みの顔かどうか判別するAIモデルを組み込んだSDKだ。

photo

AndroidまたはiOSが稼働するデバイス上で、外部へ通信せずにスタンドアロンの状態で動作する。同社社内テストにおける認証精度は94%。動作も高速なため、アプリ上に誤認識時の再認識動作を実装しておけば、実用上問題のない顔認証精度を実現できるという。

photo

SDKとして提供し、組み込みのための開発やカスタマイズに対応。無料お試しの相談も受け付けている。同SDKの活用事例として、顔認証による出退勤管理アプリケーション「MAL Time Recorder」をApp Storeで公開している。

料金は月額300ドルで、最低契約期間が6カ月。開発期間中は無料で、デバイスへのインストール数や顔認証数の制限はない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る