新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.make、3Dプリント製フェイスシールド1万セットを医療機関に無償提供

DMM.comは、医療機関からの要望に応じて、3Dプリントによるフェイスシールド1万セットの部品生産と無償提供を開始すると発表した。

同社によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、医療機関での防護具不足が問題となっており、フェイスシールドも供給が追い付かない状態だ。

同社のDMM.make 3Dプリント事業において、加賀市にある自社工場内のHP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションを利用して生産する。フェイスシールド1万セット(フレーム1個および取り換え用フィルムシールド1枚)を作成し、順次医療機関などに無償提供する予定で、すでに横浜市立大学附属病院や横浜市立大学附属市民総合医療センターなどに提供を始めているとのことだ。

医療機関や介護施設などからの問い合わせは、専用フォームにて受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る