新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.make、3Dプリント製フェイスシールド1万セットを医療機関に無償提供

DMM.comは、医療機関からの要望に応じて、3Dプリントによるフェイスシールド1万セットの部品生産と無償提供を開始すると発表した。

同社によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、医療機関での防護具不足が問題となっており、フェイスシールドも供給が追い付かない状態だ。

同社のDMM.make 3Dプリント事業において、加賀市にある自社工場内のHP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションを利用して生産する。フェイスシールド1万セット(フレーム1個および取り換え用フィルムシールド1枚)を作成し、順次医療機関などに無償提供する予定で、すでに横浜市立大学附属病院や横浜市立大学附属市民総合医療センターなどに提供を始めているとのことだ。

医療機関や介護施設などからの問い合わせは、専用フォームにて受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る